40代、シングルどうしの恋愛。恋が実って彼と子供たちとでグアム島へ

pixta_21772338_S.jpg

ペンネーム:うずら
性別:女性
年齢:54
プロフィール:父子家庭の彼には娘が2人。母子家庭の我が家には娘が1人。子供たちは保育園からずっと一緒の幼馴染です。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

私は40代の時に、亡くなった友達のご主人に恋をし、今もずっと交際が続いています。私は母子家庭で彼も父子家庭なので、不倫関係ではありません。

関連記事:40代半ばでの片想い。亡くなった友達のご主人に告白するまで

そんな彼から2家族揃ってグアム島に行こうと誘われ、親子5人で3泊5日の旅行に行きました。

彼と2人でインターネット検索をし、プランや料金を比較してワクワクしながら旅行会社を決めました。目を皿のようにしながら調べた旅行会社の中で、全室スイートルームだというのに他とは比較にならないほど安いプランがあり、「こんなに安く行けるんだ」と、旅行会社を決定しました。

彼の家族とは空港で待ち合わせ。飛行機に乗ると、彼の子供たちは「初めて飛行機に乗るんだ」と大喜びでした。窓際の席は1席しか取れなかったので、中学生から高校生の3人の子供たちが席を替わりながら窓の外を見て、「見て見て、雲が下にあるよ」などと言いながら、雲の上を飛んでいることに感動しているようでした。

グアム島に到着しホテルに行くと、すごく広いスイートルームに案内されました。間取りは3SLDKで、そのうちの1部屋にはキングサイズのベッドがあり、大人3人で寝られるほどの大きさ。私の娘が大喜びし、一人でキングサイズベッドを占領し、宿泊中ずっとキングサイズベッドを使っていました。我が子ながら図々しいと思いましたが、その寝顔を見るとすごく幸せそうな顔をしていました。

グアム島では、短期間の旅行なら、国際免許がなくてもレンタカーを借りて運転することができるので、翌朝、彼の希望でレンタカーを借りに行きました。全日程フリープランだったので、車で自由に動けるようになり、ショッピングモールに行ったり、射撃場に行ったり、自分たちで決めてグアムを満喫しました。

射撃場では生まれて初めて実弾を打ったのですが、的の留め金を壊してしまいました。曲がった留め金を見てその破壊力に驚きました。ショッピングモールではココナッツジュースを飲みながら、お土産を見てまわりました。食事はレストランに行ったり、ハンバーガー屋さんに行ったり、その時の気分で決めました。ホテルの近くには小さなコンビニもあり、そこにはおにぎりやいなり寿司、カップラーメンも売っていたので、夜食用に買っておきました。

2、3日目にはホテルの裏にあるビーチです。バナナボートに乗ると、運転しているお兄さんがサービスしてくれて、チョッピリ長めに乗せてくれました。一緒に乗っていた子供たちはキャーキャー騒ぎながら大喜び。他にも浮き輪やボートを借りて、クタクタになるまで遊びました。

最終日には、思い残すことがないようにとドライブに出かけました。すごく楽しかったからか、ショッピングモールの飲茶屋さんで買ったゴマだんごが、一生涯忘れられないほどおいしく感じました。

 

ホテルを出る前から、子供たちは「日本に帰りたくない」と繰り返していました。私と彼とで「また必ず行こうね」と言うと渋々飛行機に乗り、日本に帰りました。

2家族揃って初めての海外旅行では、まるで昔から1つの家族だったように、素敵な時間を過ごす事ができました。きっと子供たちにとっても一生の思い出となった事でしょう。またいつか、みんなで海外旅行に行ってみたいと思っています。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
友だちに教える
この記事が気に入ったらいいね!しよう
毎日が発見の最新記事をお届けします。
PAGE TOP
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット