40代半ばでの片想い。亡くなった友達のご主人に告白するまで

pixta_27670038_S.jpg

ペンネーム:うずら
性別:女
年齢:54
プロフィール:子供が産まれてすぐに離婚し、ずっと母子家庭で頑張っています。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

◇◇◇

私には7歳年下の彼がいます。現在、交際10年になろうとしているところ。私は母子家庭で彼は父子家庭なので、不倫ではありません。ただ、彼の元の奥さんは私の友達でした。

 

15年くらい前になると思いますが、私が住んでいた付近の雑木林に、50軒くらいの住宅が建ち並び、そのうちの1軒を友達夫婦が購入し、引っ越して来ました。それからというもの、奥さんはよく子供を連れて私の家に遊びに来てくれたのです。私の子供も、友達と彼の子供2人も女の子で、みんな同じ保育園に通っていたお友達。ご近所同士で遊びながら、楽しい時間を過ごしていました。そんなある日、私の元に彼女の訃報が入ったのです。

後で知ったのですが、彼女はうつ病を患っていたそうです。強い薬を飲んで足元がフラフラしていたそうで、死因は家の中での事故とのことでした。

 

当時、彼と彼女の子供は、上の子が小学校に入学したばかりの1年生で、下の子は3歳。子供たちのことも彼のことも、もの凄く心配でした。お子さんたちの送り迎えで彼と会うことはありましたが、いつも表情がありませんでした。笑うことも泣くこともできなくなっていたのでしょう。私には彼に「絶対遠慮なんてしないで、何かあったら連絡してね」と声をかけることしかできませんでした。

 

それから半年くらいが過ぎ、私が娘と2人で公園に遊びに行った時のこと。そこには彼が子供たちを連れて遊びに来ていました。その時「こんにちは」と声をかけてくれた彼の笑顔に、私はドキッとしてしまいました。心配していたからか、その笑顔が眩しく感じられました。

30分くらい立ち話をすると、彼はまだ帰ろうとしないお姉ちゃんに「そろそろ帰らねえと日が暮れるぞ」と、笑いながら声を掛けていました。そんな言葉づかいにも男性を意識して動揺してしまうほど、今から思えばそのときから私の心は揺れ動いていたのでしょう。

 

とはいえ、亡くなった友達の御主人ですし、私よりも7歳も下。「好きになってはいけない」と抑えれば抑えるほどひかれてしまい、どうにもならなくなっていきました。

そこから私の片想いが始まったのです。いい年をしながら、叶わないであろう恋に悩み、眠れない日もありました。ですが、そんな私にも転機が訪れたのです。

その頃にはうちの子も小学生になっていて、学童保育のイベント関係で連絡を取りたいと、彼がメールアドレスを教えてくれたのです。イベントについての内容を連絡をするのが主な使い方でしたが、いつしか彼の方からどうでもいいようなジョークが送られて来るようになり、それをきっかけにメールのやりとりで親しくなっていきました。

 

そして、バレンタインが近くなった頃、私は彼にチョコレートをあげることにしました。もちろん、実らない恋だと思っていましたから義理チョコのつもりでした。

彼の長女が彼に手作りチョコレートをプレゼントするという話を聞いていたので、お姉ちゃんのチョコレートが一番に見えるように、コンビニで義理チョコを選んでプレゼントしました。それでもとてもワクワクしていました。

チョコレートを渡したとき、彼から「本当に義理チョコなのか」と聞かれました。そして、「このチョコレートに意味があったら嬉しい」と。

「好き」だなんて言えませんでしたが、公園で笑顔を見た時の話をし、「ずっと素敵な人だと思ってた」と伝えました。

それから家族みんなで食事に行ったり、冬には家で鍋を囲んだり、家族ぐるみの交際がスタートしました。あれから約10年。彼と3人の子供たちとでまるで家族のように、今も幸せに過ごしています。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
友だちに教える
この記事が気に入ったらいいね!しよう
毎日が発見の最新記事をお届けします。
PAGE TOP
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット