「俺は知らん、覚えてない」認知症の父が通販で勝手に買い物!? 挙句にクレームまで入れて...

「85歳の父は軽度の認知症です。普段の生活には問題はないのですが、無料サンプルを頼んでしまうこと。それだけならまだいいのですが、困るのは購入までして、さらにそれを忘れてしまうことなんです...」
親や夫、子ども、友人に職場の同僚、ご近所さん...。アラフィフ女性を中心に、みなさんから寄せられた人間関係の「モヤモヤ」「スカッと」「泣ける」実体験エピソードを、過去の人気記事をもとにして漫画で再構成しました。この時、あなたならどうしますか?

kansei_133.png

その次に実家に行くと、また別のサプリメントの、しかも再請求と書かれた請求書がありました。

「これ、払わないと駄目じゃない! ブラックリストに乗っちゃうよ!」

父を責めましたが「勝手に送ってくるんだ」の一点張り。

挙句の果ては、何故こんなものを送ってきたんだ、とメーカーに電話をかけ、「俺の個人情報を盗んだ。訴えてやる!」と大声でクレームをつける始末。

さすがにコールセンターの方もかわいそうに、と思いましたが、これでその会社からのセールス電話は二度とかかってこないだろう、とまた支払いだけ済ませました。

こんなことが何度も続きました。

そのたびに「どうして、なんで覚えてないの」とつい声を荒げてしまいます。

でも、認知症は新しいことを記憶するのが苦手で、食べたこともすぐ忘れてしまいます。

けれども昔のことは不思議なほど覚えているのです。

ずっと地道にサラリーマンをして、役員まで昇りつめ、数多くの部下を従えて定年した父です。

そんな父にまるで幼児を叱るような言葉を投げると、記憶にある昔のプライドが呼び起こされ、反発するばかりです。

父を心配して注意しているのに、そんな風に言われると、本当に泣きそうになってしまいます。

何度もそんなことを繰り返しながら思ったのは、父はいつまでも昔のままの父であるということです。

変わったのは認知症になったということだけ。

それを責めても仕方がない。

そこで叱る、以外の方法を試してみました。

「また送ってきたね。でもお父さん体は人より元気だからもう必要ないんじゃない?」

「そうだな、断っといてくれ」

元気が自慢の父は嬉しそうに答えました。

「いっぱいあるから私がもらうね」

「お前の為だと勿体ない。もう断っといてくれ」

そう言って笑う父を見ながら、叱って嫌な思いをするより、褒めて笑い合ってのほうがお互いに気持ちよくいられる、と気づきました。

それでもやはり同じことは繰り返しましたが、父にもそれは不要なもの、という意識が少しずつついたようです。

やがて父の中でブームが過ぎ去ったのか、もう注文はしなくなりました。

漫画:なみき/原案:「毎日が発見ネット」みなさんの体験記

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

多分こういうお年寄りめちゃくちゃ多いし、売る側もそれ狙ってんじゃ無いの?って感じしかしない 代引きの荷物頼んだの頼んでないだので配達員さんと口論になってるの見たけど、迷惑過ぎるよ

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP