「大抜擢」(13)漫画もう「いい人」になるのはやめなさい!

iihito_banner_1150x310.jpg

あなたは生まれてから、このようなことを教えられてきませんでしたか?
「人に迷惑をかけないようにしよう」「人にはやさしくしよう」「人とケンカをしないようにしよう」

確かにこうした「ルール」は大切なものです。でも、たった1度の人生を充実させたいのであれば、ときにはこの「ルール」を無視してもいい。いい意味で「自分本位な生き方」をするべきです。これからの人生を楽しく、充実させたものにするために、本書『漫画 もう「いい人」になるのはやめなさい!』を役立ててください。

◇◇◇

前の記事「「チーム結成」(12)漫画もう「いい人」になるのはやめなさい!」はこちら。

 

iihito13_1.jpgiihito13_2.jpgiihito13_3.jpgiihito13_4.jpgiihito13_5.jpgiihito13_6.jpgiihito13_7.jpg 

■「人に迷惑をかけない」は本当に美徳か!?

やるべきことをやる。するべきことをする!目の前のことをこなすだけの人生を歩むタイプの人がいる。

誰にも迷惑をかけないし、誰にも自分の思想や趣味を押しつけたりもしない。確かにこうして聞くと、控えめで落ち着いていて好印象である。しかし、リアルにこういう人物を身近で見ると、なんとも物悲しく思えることがある。一生のうちで誰かと共有した思い出とか、感動とか、野望とか、笑いとかの絶対量が圧倒的に少ないような気がする。

もっと自分を出して、人に迷惑をかけながら、何かを押しつけたり押しつけられたりして生きたほうが、人生は有意義ではなかろうか?

この「心の孤立無縁人生タイプ」とは対象的なタイプの人間がいる。幕末の志士たちなどはその良い例である。思想を掲げ、人の心に炎をともし、そして共同作業をする。彼らなどは押しつけ、説得の連続である。それなのに関わった人々から信頼され、そして世の中の人の心もつかんでいる。

人間関係のマイナス面をつくろうとしないことばかりに気をとられてはいけない。人の心に何も訴えずに一生を過ごすことになる。そんな人生が楽しいだろうか?もっと現代人は素直に、ハダカになって、良い思い出、良い友情、良い愛を共有することに一生懸命になってよいと思う。

当たりさわりのない「ただのいい人生」を歩んできたという自覚のある人は、どうか自分の世界観を前面に出してほしい。否定されることもあるだろうが、聞いてくれる人だってたくさんいる。聞いてくれる人が10人いれば誰だって幸せになれる。

まずは趣味から語ってみよう。そして友達を引き込んでみよう。ゴルフ、ダイビング、ジョギング、サーフィン、釣り、麻雀、将棋、ヨガ、坐禅、なんだっていい。あなたが最高と思えるものを声高く隣人の前で語り切ってみよう。それだけであなたの人生、心に幅は広がる。

何かを友人に推すときには勇気が必要だ。断られることだってある。だが、そんなことは気にしなくていい。大きな感動や人生の意味は、人から教えられたり、勧められた世界の中で見つかることだってある。あなたが勧めたことによって相手の人生が有意義になるかもしれない。

誰かの心の中に、自分自身が与えた感動や、自分と共有した思い出が残ること。これは人生の大きな大きな宝物である。ただのいい人でいるうちはこのお宝は手に入らない。もっともっと踏み込んで、そしてもっともっとずうずうしく押しつけて過ごそう。そうすれば人生は何倍も有意義になる。

 


☆ポイント☆
いい人は、人に迷惑をかけないことを美徳とする。
超一流は、多少踏み込んででも他人の心に何かを残そうとする。


※「もう「いい人」になるのはやめなさい!」他の回はこちら

次の記事「「衝撃のラスト」(14)漫画もう「いい人」になるのはやめなさい!」はこちら。

潮凪 洋介(しおなぎ・ようすけ)

エッセイスト・講演家・イベントプロデューサー。早稲田大学社会科学部卒業。主な著書に、「いい人」シリーズ累計21万部超の『もう「いい人」になるのはやめなさい!』『それでも「いい人」を続けますか?』(ともにKADOKAWA)、『「バカになれる男」の魅力』(三笠書房)、『「男の色気」のつくり方』(あさ出版)などベストセラー・ロングセラー多数。著書60冊超、累計160万部突破。"人生に終わらないロマンを!"をテーマに「ライフワーク・クリエイト協会(自由人生塾)」を主宰、「一生モテる働き方」を愉しむRomanticLifeWorkerを育成。「人生100年、労働一生時代」に向けて「自分にぴったりな運命のライフワークと社外で出会い、感動しながら収入を得るライフワーク講座」を開催。またエグゼクティブハードワーカーに向けて「男の色気」を増強する「男磨きパーソナルトレーニング」も実施。大人の海辺の社交場・芝浦ハーバーラウンジは170回の開催、6000人の着飾った大人が参加。著者・エッセイスト養成スクール「SHIONAGI DOUJOU」では5000回の指導を行い、多くの新人著者・エッセイストを輩出。

うげっぱ
漫画、イラスト描き。U.G.E名義で『8.1 山田悠介劇場』や『マクロスプラス─タックネーム─』(ともにKADOKAWA)、『リトル・チャレンジャー Wake Up, Girls! -side I-1club-』(学研プラス)など、ホラーからロボット、美少女モノまで幅広いコミカライズを担当。今回、初のビジネスコミックに挑戦! Twitter:@UGEPPA16

89b8f000b7e61b823fdb56ee2dece2ada2af1972.jpg

漫画 もう「いい人」になるのはやめなさい!

(原作・潮凪洋介、漫画・うげっぱ/KADOKAWA)


15万部突破ベストセラー、待望の漫画化。「いい人」であるがゆえ、仕事にも人生にも自信が持てず、結果も出ず、萎縮してしまう。そしてそのオーラが恋愛にも反映され、うまくいかない...。そうした「いい人」の持つ苦しみを少しでもとり除きたい、という著者の思いが凝縮! あなたの人生を変える「ぶれない芯」のつくり方を漫画で紹介します。

この記事は『漫画 もう「いい人」になるのはやめなさい!』からの抜粋です

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP