「家事をやれ!」と鬼のように迫る妻。何も理解していなかった俺は.../オニンプ 東京イクメン物語

2022年4月から秋にかけ、男女ともに子育てをしながら働き続けることができる社会を目指して「育児・介護休業法」が改正されます。これを機に、育児に参加できる男性が更に増えていくものと見られますが、そんな中でお届けするのが本作品『オニンプ 東京イクメン物語』。著者である坂本ロクタクさん(当時30歳)の妻が妊娠し、夫として、父としての自覚を持つようになり、イクメン漫画家として成長していく姿を描く作品です。

子どもができた坂本さんは、仕事や家事へ情熱的に取り組んでいましたが、妊娠で一歩先に母親になった妻に対し、父親としての自覚と行動が追い付きません。この時期に「過剰な要求を受けている」と感じた坂本さんは「妻が鬼のように見える時があった」といいます。「鬼嫁」+「妊婦」=「オニンプ」のように...。

妊娠中の妻から「お前も家事をやれ」と司令を受けた坂本さん。妻の厳しい家事指南からは、「今までどれだけ夫に愛情を持って家事をしてきたか」という知られざる事実が見え隠れして...。

オニンプ04_001.jpg

 

坂本ロクタク

京都出身の漫画家・イラストレーター。

めちゃコミックにて『天神回線』を大好評のうちに連載終了。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP