「マイ水筒」派に使ってほしい! 水洗いした水筒の乾燥時間を半分にしてくれるアイテムに注目/ネットランキング

pixta_23224155_S.jpg春一番も吹き、気温は上下しながらも少しずつ上がっていき、いよいよ春本番が近づいてきました。桜のつぼみもかなり膨らんで「その時」を待っています。

3月2日のアマゾンランキング・ホーム&キッチン部門の売れ筋ランキング1~10位を調べてみると、2位と3位に「タイガー 水筒 500ml ステンレスミニボトル 夢重力」がランクインしていました。

 

1位 フィリップス 電動歯ブラシソニッケアー ヘルシー ホワイトプラス HX8915/01
2位 タイガー 水筒 500ml ステンレスミニボトル 夢重力 アイスホワイト MMZ-A501-WS
3位 タイガー 水筒 500ml ステンレスミニボトル 夢重力 ランプブラック MCX-A050-KL
4位 日立 衣類スチーマー 高温・本体のみ ブラック CSI-S1 B
5位 Anypro アロマディフューザー 超音波式卓上加湿器
6位 BRITA 浄水器ポットカートリッジ マクストラプラス 4個セット
7位 SALONIA サロニア ダブルイオンストレートアイロン SL-004S プロ仕様
8位 ブラウン オーラルB電動歯ブラシ プラチナブラック 7000 D365356XP スマホアプリ連動
9位 ティファール フライパン・鍋9点 セット ガス火専用 インジニオ・ネオ マホガニー・プレミアセット9 チタン5層コーティング L63191
10位 布団4点セット 洗えるほこりの出にくい布団 収納ケース付 シングル ネイビー
※amazon「ホーム&キッチン」新着ランキング(2018.3.2)

ボトル.jpg
タイガー 水筒 500ml ステンレスミニボトル 夢重力 アイスホワイト

水筒が2位&3位に入ったということは新生活が始まるこの季節、学生さんの新学期需要?と思いきや、レビューを読むとビジネスバッグで持ち運ぶのに便利、試験や研修で使った、中身は熱いコーヒー...などなど、社会人の皆さんの意見があふれています。

2013年にドゥ・ハウスが実施したアンケート調査「職場でのマイボトル・マイカップ利用実態」(首都圏の20~59歳の有職者<パート・アルバイト含む>にWEBアンケートを実施。回答641名)によると、40代~50代女性のマイボトル率が3割を超えているという結果が出ていました。この世代はちょうど教育費などにお金がかかる世代。職場ではペットボトルを買わずに、マイボトルを持参して節約している、という方が多いのかもしれません。

 

gurafu.jpg職場での飲料の飲み方(株式会社ドゥ・ハウスHPより)

 

中身は、職場で淹れる派も含めてではありますが「ティ―バッグ、ドリップ、インスタント」が多いよう。気をつけたいのは、

「お茶を入れる時はミネラルウォーターでなく、水道水で入れる」
「カフェオレやミルクティーにする場合は、ミルクを入れて持ち歩かない」

一度口をつけたペットボトルの危険性はだいぶ浸透してきたと思います。それはマイボトルでもおなじ。口をつけたところから細菌が繁殖しやすくなっています。ミネラルウォーターではなく、塩素の入った水道水を沸騰させることで、菌が繁殖するのを防ぐことになります。

また、ミルクティーやカフェオレなどの場合、ミルクを入れてしまうと、高め温度のまま長時間持ち歩くことになるため、牛乳が変質したり、菌が繁殖したりと危険だそうです。会社などで飲む直前に加えるとよいでしょう。

さて、もう一つ同じ日の新着ランキングの2位と4位に「マーナ エコラカット ボトル乾燥スティック」がランクインしていました。たしかに水筒って、奥まで乾きにくいですよね。短時間でカラッと乾いたらいいのに...と思いますが...。

エコカラット.jpgマーナ エコラカット ボトル乾燥スティック

この「マーナ エコラカット ボトル乾燥スティック」、同日の日本テレビ「ヒルナンデス!」の中で、「あると便利でおしゃれな最新キッチングッズ」として紹介されたことがきっかけでランキング急上昇したようです。

バスマットでも人気の珪藻土の約5倍の吸・放湿能力を持つLIXILの土壁「エコカラット」シリーズを利用して開発されたキッチングッズのひとつ。水筒を水洗いした後、乾燥するまでの時間を比べると、約7時間かかるところが約3時間と、半分以下の時間に短縮されるというもの。壁の素材をキッチングッズに転用するなんて、すごいアイデアです。

比較.jpg

こんな便利グッズを上手に使って、マイボトル、使いこなしたいものです。

 

文/武石彩子

友だちに教える
この記事が気に入ったらいいね!しよう
毎日が発見の最新記事をお届けします。
PAGE TOP
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット