きっかけは愛犬のトイレの臭い!? 中田喜子さんがお香を楽しむワケ

main.jpg暮らしの中の香りを大切にしているという女優・中田喜子さん。30年も前からお香を楽しんでいるそうです。
お香を楽しむようになったきっかけは、意外にも当時飼っていた愛犬だったそうです。どんなことがあったのでしょう?

 
愛犬のトイレの臭いも気にならなくなりました

「わが家には犬が4頭いたんです。そのうちの1頭がとてもきれい好きでね(笑)。私が犬用のトイレシートを2階の廊下に敷いておいても、一度汚れたシートに乗るのを嫌がって、お尻を外に出しておしっこをしてしまうの。床がぬれて、臭いも気になってしまって...」

当時は、仕事から帰ってくると何よりも先に、びしょびしょにぬれた床を掃除するのが日課でしたが、部屋の香りのことをあれこれ調べるうちに、たどり着いたのがお香。伽羅(きゃら)のお香をたいてみたところ、これが大正解だったというわけです。

「ペットを飼っている方に、なぜお香をたいているのかと聞かれたときには、いつもこのお話をするんですよ。実際に使ってみて、好きな香りが気持ちを豊かにしてくれることも知りました。それからは、お香の店にも足を運ぶようになり、好きな香りを見つけては空薫(からだき・部屋に香りを漂わせること)をしています」

香りを楽しむ文化の始まりは、そもそも古代エジプトやメソポタミア文明の時代から。日本には仏教伝来のころ、奈良時代に伝わったといわれています。室町時代には天然香木の香りを鑑賞する「香道」という独自の芸道も発展しました。長い歴史を経て、やり方こそ変わっても、いま、こんなふうに気軽に楽しめるなんてすてきなことですね。

「疲れを癒やしたいときや気分転換したいときの、私の心強い味方です」

 

中田さんが愛用する香り

A9Rfaqqus_1c2z0k0_hpg.jpg

花の香りや伽羅など天然香木の香りなど、気分に合わせて香りを選ぶという中田さん。形もスティック状やコーン状などを使い分けています。

 

A9Rvl8ht4_1c2z0k2_hpg.jpg

手紙を開けたときの相手の喜ぶ顔を想像しながら、封筒の中にこんな文香(ふみこう)を忍ばせて送ることも。

 

A9R1ic9hp3_1c2z0k4_hpg.jpg

たんすの片隅にそっと入れて、大切なきものを保管します。ほのかな移り香を楽しめるのもいいところです。

 

A9R1f8tsgy_1c2z0k6_hpg.jpg

匂い袋は、衣服に芳香を写すだけでなく、外出時に携帯できて便利です。

 

取材・文飯田充代 撮影/齋藤ジン

中田喜子(なかだ・よしこ)さん
女優。18歳でデビュー。20年以上続いたTBSドラマ『渡る世間は鬼ばかり』では三女・文子を好演。他にも出演ドラマは100本を超える。

この記事は『毎日が発見』2018年3月号に掲載の情報です。

キーワード

友だちに教える
この記事が気に入ったらいいね!しよう
毎日が発見の最新記事をお届けします。
PAGE TOP
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット