体をリラックスさせるのって意外に難しい!?/編集長タカトリの今日も発見!

banner_660_200.jpg

新年会続きの、『毎日が発見』編集長・鷹取祐子です。50代以上の方にお届けする定期購読誌『毎日が発見』に携わる中で、40代半ばの私が、日々の取材活動の中で「年を取るということはどういうことか」に向き合う様を、綴っていきたいと思います。

◇◇◇

リラックスできない体って...

本誌で人気の連載に前新マミ先生のリンパ体操があります。元々はバレリーナだったマミ先生が、バレエ後のクールダウンでしていたストレッチを元に考案したものです。"寝たままできる"というのがポイントで、立ったままやる体操よりも、寝たままの方が、頭の重さを受けなくていい分、動くのがラクになるので、高齢の方はもちろん、私のように学生時代から全く運動習慣がなかった人でも継続しやすいのです。

前新.jpg

前新マミさん

先生のスタジオに通う生徒は80代の方も多くて、私の横で腹筋を軽々しているのを見たりすると、適度な運動が、いかに大切かということを感じさせられますし、私もそんな年の重ね方をしていきたいなぁと思います。

先生のレッスンを受けていると、「あら、足が内側に入っちゃってるよ?」など、体の歪みを指摘されることがあります。足を組んだり、鞄を片側にかけたり、ちょっとしたクセですぐに体は歪んでしまうので、正しい姿勢と体つきを維持するのは本当に大変。自分では正しいつもりなので、誰かに体つきをみてもらうのって結構大切だなと思っています。

先日は、「体をリラックスさせることが苦手」といわれました。「はい、体の力を抜いて、ゆるゆるしてみましょう」といわれても、できてないんですって。言われてみれば、エステやマッサージで眠れたことは一度もなかった!

そういう人は、起床時か就寝前に、全身にギュ―――ッと数秒間力をいれて、その後、一気に力を抜く、というのを数回するといいそうです。

あと、本誌2月号(1/28発行)でご紹介しますが、「ウエストねじりストレッチ」は、そんな私でも、リラックスしていることを体感できる体操です。腰は普段ねじったりすることがないので、やたらめったら気持ちがいい。体が疲れている時など、実践しています。みなさんもやってみてください。寝る前とかおすすめですよ!

taisou.jpg

2018年2月号で紹介している「ウエストねじりストレッチ」。
脚を天井方向に伸ばしたあと、床に脚を倒します。

 

「編集長タカトリの今日も発見!」バックナンバーはこちら

PAGE TOP