ロープウエーでラクラク♪山の日は"納涼登山"へ出かけましょう

DMA-natsuP1010109.jpg

御在所岳ロープウエイは、標高400mの山麓から1,180mの山上公園駅まで約15分。流れる景色を見ながら空中散歩を楽しみましょう。

  

全国的に暑さ厳しい今年の夏。避暑と絶景を求めて、ロープウエーで夏山へ出かけませんか? ゴンドラに乗れば、あっという間に標高1000~2000mの別天地。山の上は、真夏でも20℃前後の所が多く、ひんやり爽やかです。可憐な高山植物を愛でたり、眼下に広がる絶景を眺めたりと、自然美がたくさんの感動をもたらしてくれます。
そこで、おすすめの納涼登山スポットをご紹介。レストランや足湯など施設が充実した山も多いので、思い思いにリフレッシュしてください。

  

◆山形県「蔵王」/蔵王ロープウェイ ※地上より-10℃
標高1,661mの地蔵山頂駅へ。1周400mの遊歩道「自然植物園」は、ミヤマシャジンなど高山植物の宝庫です。

◆群馬県「日光白根山」/日光白根山ロープウェイ ※地上より-12℃
標高2,578mの日本百名山の山腹、2,000mへ。足湯の他、花の咲くロックガーデン、神社などを散策できます。

◆群馬県「谷川岳」/谷川岳ロープウエイ ※地上より-6℃
天神平は植物で彩られ、まさに天空のお花畑。さらにリフトで標高1,502mに上れば、周囲の山々を一望できます。

◆長野県「竜王山」/竜王マウンテンパークロープウェイ ※地上より-10℃
世界最大級のゴンドラで標高1,770mへ。雲海を望む絶景の他、カフェでは雲海をイメージしたメニューもあります。

◆岐阜県「西穂高岳」/新穂高ロープウェイ ※地上より-13℃
絶景の山頂駅は標高2,156m。ご当地グルメや露天風呂(大人600円)も楽しめます。

◆三重県「御在所岳」/御在所ロープウエイ ※地上より-10℃
山上公園駅(1,180m)から山頂(1,212m)一帯には、五つの展望&見晴台が。赤トンボも涼みに訪れます。

◆滋賀県「蓬莱山」/びわ湖バレイロープウェイ ※地上より-7℃
標高1,100mの山頂駅周辺は、展望テラスやカフェなどのある山岳リゾート。リフトで蓬莱山山頂まで行けます。

※地上との気温差は、各ロープウエーの山頂駅周辺での目安です。

この記事は『毎日が発見』2017年8月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「趣味」のキーワード

PAGE TOP