モデル・黒田知永子さんインタビュー 50代から始める「自分らしい」ファッションと生き方

1711_kurodainterview_main.jpg

オシャレで笑顔が印象的なモデル・タレントの黒田知永子さん。
無理をしない、自分らしい毎日の過ごし方を語っていただきました。

  

前向きな先輩を見ていると年を取ることが怖くなくなります

モデル、タレントとして活躍する黒田知永子さん。彼女の周りにはお母さま含め、すてきな人生の先輩が多いのだそう。「お仕事を続けている方や、オシャレな方が多いですよね。私の周りにいる仕事関係の先輩方は、定年がある職業ではないこともあって、活動的な方が多く、健康でいられれば前向きに生きられるんだなと実感しています。もちろん、自分の親が病気とか、ときには自分自身も体調が悪いなど、ハッピーな話だけではないですが、一段落してまたみんなで集まれると、自分が元気であれば年を取ることは怖いことではないんだなと思います」

黒田さんが健康でいるために日々気を付けていることは?

「『毎日、何かをしなくてはならない』ということが面倒で苦手なので、少しずつの気遣いをしています。例えば食べ過ぎてしまった日は運動をしてみたり、気が向いたらストレッチもやりますし。特に食生活は体重コントロールにもなるので、肉なら赤身の肉を食べるようにしたり。家で料理するといっても、肉は焼いて、塩こしょうをかけるだけなのでとても簡単ですよね。結局、シンプルに食べることがカロリーダウンになるのではないかなと考えています。たまに、揚げ物が食べたいときは外でちょっと食べればいいですし」

  

フル装備ではなくワンポイントで着こなしを楽しみましょう

昔から服が大好きだったと話す黒田さん。

「若い頃は服に費やせるお金も限られていたから、組み合わせを考えて買っていました。いまでも服を買うときは頭が高速回転して、持っている服と合うかなとか考えながら買いますね。もちろん流行も変わるから、着るアイテムも変化していますが、色は暗めのものが好きですね。髪が長かったときは、甘くなり過ぎないようシャープなものを選ぶことが多かったのですが、髪を短くしてからは、フリルのものや刺しゅう、レースなどがあるもので過剰にならないようにしています」

〝よそゆき"というと、どうしてもフル装備になりがちですが、黒田さんはワンポイントで着こなしを楽しめると話します。

「Kcarat(黒田さんがプロデュースしているブランド)でも、着こなし方を紹介するようにしています。黒のワンピース一つにしても、1個のブローチやアクセサリーでよそゆき仕様になるんですよね。秋は温度調節ができるよう、丈の長いシャツとニットなどがおすすめです。母にもよく意見を聞きますが、肌触りや、気になる腰回りなど体形をカバーできるようなデザインの服を、ご提案しています」 自分らしくオシャレをすることも、元気な毎日を過ごすヒントになりそうですね。

  

黒田知永子さんの日常をInstagramでチェック!

最近始めたばかりだと話す黒田さん。仕事、食、ファッション、そしてペットのことなどを発信しています。
@kuroda_chieko

1711_kuroda_1kimono.jpg

「きものの初心者ですが...」プライベートできものを着るようになった黒田さん。着付けも習って、お出かけの際には着るようにしているのだそうです。

  

1711_kuroda_2.jpg

「Kcaratの服も紹介」黒田さんのお母さまも着用しているというKcarat。シンプルなデザインながらも、ワンポイントでお出かけ着になるのも特徴。

  

1711_kuroda_3.jpg

「ペットに癒やされています」とろろ(犬)と、ごま、むぎ(ともに猫)を飼っている黒田さん。犬も猫も仲良く、家の中でくつろいでいる様子が伝わります。

取材・構成・文/栗山春香

  

黒田知永子(くろだ・ちえこ)さん
黒田知永子(くろだ・ちえこ)さん

1961年6月3日生まれ、東京都出身。モデル、タレント。アパレルブランド、「Kcarat(ケイカラット)」のプロデュースも手がける。

この記事は『毎日が発見』2017年11月号に掲載の情報です。
PAGE TOP