トランプが上がってくる! エレベーターペア~タネあかし編 かんたんマジック(13)【連載】

マジック18「トランプが上がってくる! エレベーターペア」とは?

トランプ一組の中ほどに、2枚の絵札を差し込みます。おまじないをかけると、差し込んだはずの2枚が、トランプの一番上に移動してきます。

●難易度・・・簡単
●演技時間・・・約1分

マジック18「トランプが上がってくる! エレベーターペア」のタネあかし

スクリーンショット 2017-09-09 14.42.17.jpg

準備1クラブのJ、クラブのQ、スペードのJ、スペードのQ の4枚を抜き出し、クラブのJ とスペードのQ、スペードのJ とクラブのQ をそれぞれペアにします。つまり、マークが違うペアを2組作るわけです。
この2組のペアは見た目が似ており、一見すると区別が付きません。これを利用して不思議に見せています。

 

スクリーンショット 2017-09-09 14.42.27.jpg

準備2片方のペアをトランプのいちばん上に置き、さらにその上にもう片方のペアを重ねます。

 

スクリーンショット 2017-09-09 14.42.38.jpg

準備したトランプ1組を取り出し、裏向きの状態で左手に持ちます。上から2枚のカードを右手に取り、右手首を返して表を観客に見せて
「黒いジャックとクイーンを使います」と言います。
くれぐれも「クラブのJとスペードのQです」などと、マークを言ってしまわないように注意してください。

 

スクリーンショット 2017-09-09 14.42.48.jpg

2枚を裏向きにして、トランプの中ほどにバラバラに差し込み、トランプをよく揃えます。

 

スクリーンショット 2017-09-09 14.42.58.jpg

スクリーンショット 2017-09-09 14.43.07.jpg

おまじないの動作(トランプの前側をパラパラと弾くなど)を行います。
一番上の2枚をめくると、黒いジャックとクイーンが再び現れます!もちろん、この2枚は先ほど差し込んだペアとは別のペアなのですが、観客は気づきません。

※タネを知っていると、こんなもので不思議に見えるのか? と思うかもしれません。堂々と演じるほど疑われにくいはずです。なお、2枚の絵札で演じるのが一番安全ですが、8と9などの数字で演じてみてもよいでしょう。

【魅せ方のポイント1】
コンパクトにして、インパクトを出す
人間の脳は一度に大量の情報を処理するのが不得意です。「スペードのジャックとクラブのクイーンです」と言われると情報量が多く覚えづらいですが、「黒いジャックとクイーンです」と言われると情報がコンパクトになるため、きっちり印象に残ります。人間の脳は「さぼりたがり」なのです。
このマジックでは、知られたくない情報(トランプのマーク)に注目させないために、その脳の性質を利用していますが、逆に利用すれば、スピーチやプレゼンテーションの中の重要な情報を相手に印象づけることもできます。そのためには、不必要な情報をカットすればいいのです。
こう書くと当たり前のようですが、親切心からついつい余計なことまで言ってしまうこと、ありませんか? 情報が多いと相手は混乱してしまいますが、情報をコンパクトに絞り込めば話の要点がクリアになり、きちんと内容を把握してもらえますし、後々まで記憶に残るはずです。

【魅せ方のポイント2】
変化が起きた瞬間を明確にする
この「エレベーターペア」や「お札下剋上」などのマジックでは、不思議なことが起きる直前に、何らかの「おまじない」の動作を行っています。
もちろん、おまじないをかけなくてもマジックは成立するのですが、その動作を行うことで、いつ不思議なことが起きたのかを表現でき、演技全体にメリハリが出ます。
また、おまじないによる「副産物」として、マジックの秘密から観客の意識を遠ざけるという効果が期待出来ます。たとえばこのマジックで、何もおまじないの動作をせずに2枚のジャックとクイーンをトランプの一番上から出現させると「初めからそこに準備してあったのでは?」と疑われやすくなります。トランプを弾く動作をすると、もしかしてあの瞬間に何かが起きたのか? と思わせることが出来、秘密の気配が薄れるのです。

日向 大祐(ひゅうが・だいすけ)

マジックエアリスト。東京大学工学部卒、同学大学院環境学専攻修士。観客の目の前で見せるクロースアップマジックを中心に、会員制レストランや企業パーティー等で活躍。2009年、イギリスで開催された「Blackpool Magic Convention」にて優勝、日本人初の欧州チャンピオンに輝く。同年、マジックのオリンピック「FISM」日本代表。

716TGVI-1bL.jpg

「3分で心をつかむかんたんマジック」

(日向大介/KADOKAWA)

ちょっとした「タネと仕掛け」で絶対盛り上がる手品を21個収録。マジックを成功させるのに必要な「人の心をつかむコツ」などもしっかり解説。誰でもすぐに実践できます!

この記事は書籍「3分で心をつかむかんたんマジック」からの抜粋です。
友だちに教える
この記事が気に入ったらいいね!しよう
毎日が発見の最新記事をお届けします。
PAGE TOP