きもの地の銘仙で作るロングカーディガン/高橋恵美子さんのきものリフォーム

p124-kimono-main.jpg

さらりと羽織るだけでとてもおしゃれ

いま、ファッション界で注目を浴びているロングカーディガン。街の洋服店では木綿やウール素材のものが売られていますが、ここでご紹介するのは、きもの地の銘仙。高橋さんが、既製品では味わえない絹の華やかさあふれる1枚を作ってくれました。柔らかな衿元、たっぷりとした袖、歩みに合わせて揺れる裾...。シンプルな形の中にたくさんの魅力が詰まっています。写真は、インナーをシンプルにしてロングカーディガンを際立たせたコーディネート。アクセサリーはきもの地の柄の1色を選んで合わせています。

  

before
after

きもの地を"まっすぐぬうだけ"でできあがります

作り方はとっても簡単。きものをほどいて、その身頃を"まっすぐ"ぬい合わせているだけです。衿は別に付けたものではなく、前身頃の端が自然にふわりと立ち上がるようにデザインされたもの。袖も"まっすぐ"ぬって付けました。
*作り方は『毎日が発見』11月号「きものリフォーム」で詳しく解説しています。

  

p125-kimono-black.jpg

雰囲気を変えて楽しみましょう

ワンピースのように前を合わせて着てもすてき。ひと味違う衿の立ち上がりや、フィット感を味わえます。きものの裏地を外して1枚仕立てで作っているので、見た目もすっきり。着ているのを忘れてしまうくらい、着心地も軽やかです。

  

p127-kimono-crachbag.jpg

余った片袖でクラッチバッグもできました

洋装にも和装にも似合うクラッチバッグは、きものの袖を、裏地付きのまま袋状にぬい直したものです。ロングカーディガン同様、"まっすぐぬうだけ"の簡単リフォーム。入れ口の中央にぬい留めた帯留がチャームポイントです。
*作り方は『毎日が発見』11月号「きものリフォーム」で詳しく解説しています。

取材・構成・文/飯田充代 撮影/中島繁樹、今井安果里

  

高橋恵美子(たかはし・えみこ)さん
高橋恵美子(たかはし・えみこ)さん

1954年、東京青山生まれ。初めて手作りする人のための、易しい手ぬいを提案し40周年を迎えた。「日本手ぬい普及協会」主宰。きものリフォームから洋服の手作りまで、さまざまなテーマの著書は100冊以上。 手ぬいクラブホームページ http://www.tenuiclub.com

この記事は『毎日が発見』2017年11月号に掲載の情報です。
友だちに教える
この記事が気に入ったらいいね!しよう
毎日が発見の最新記事をお届けします。
PAGE TOP
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット