便秘を引き起こす生活を見直そう/9割の病気は自分で治せる!(42)【連載】

pixta_22611955_S.jpg

健康であるためにはどうしたらいいのか? セルフメディケーションの時代と言われる今、私たちもそれなりの健康常識は身につけておく必要があります。
病気というものをどうとらえるか、医者との付き合い方、 病気にならない考え方――。ほかにも、食事の摂り方、ストレスの対処の仕方、あるいはダイエットを成功させるコツな ど、明るく元気に毎日を過ごしてもらえる有益な情報を連載でお届けします。今の生活をもう一度見直し、自己治癒力を高めるスキルを学びませんか?

食生活の偏りは便秘や体重増加に悪影響を及ぼす

便秘そのものが格別悪いということではないのですが、便秘が起こる生活というものは、好ましいものではありません。便秘は、腸内環境を測る1つの大きなバロメーターなのです。常習的に便秘があるということは、消化、吸収、排泄のプロセスが円滑でないことの指標ですので、それが問題だと考えられます。ストレスが原因で便秘が常習化する場合も多々ありますので、その点の留意も必要です。

また、体重は非常に簡単にチェックできますが、あまり気にしていない方が多いのが現状です。栄養とカロリーのバランスを欠いた食事をしばらく続けていると、どうしても体重が増えてきます。少しくらいの体重の増減はそれほど深刻ではありませんが、食生活の乱れは問題です。傷が浅いうちに食生活を修正するには、体重チェックが有効です。

スクリーンショット 2017-09-11 19.10.53.png

ただし、あまりBMIの値や標準体重にこだわりすぎなくてもいいでしょう。少し高めの値のほうが、長生きをするという報告もあるようですから。男性なら170㎝の身長で67〜75㎏、女性なら160㎝で50〜61㎏が長寿体重。少しぽっちゃり目で大丈夫です。ただし、栄養とカロリーのバランスを見るためにも、体脂肪はチェックしてください。

スクリーンショット 2017-09-11 19.11.07.png

岡本 裕先生(おかもと・ゆたか)

1957年大阪生まれ。e-クリニック医師。大阪大学医学部、同大学院卒業。卒業後12年あまり、大学病院、市中病院、大阪大学細胞工学センターにて、主として悪性腫瘍(がん)の臨床、研究にいそしむ。著書に『9割の病気は自分で治せる』『9割の病気は自分で治せる2【病院とのつき合い方編】』『9割の病気は自分で治せる【ストレスとのつき合い方編】』(以上、KADOKAWA)、『22世紀。病院がなくなる日』(飛鳥新社)など多数。

9wari no.jpg

「カラー版 図解 9割の病気は自分で治せる」
(岡本 裕/KADOKAWA)

文庫で大好評を博したベストセラー『9割の病気は自分で治せる』3部作のエッセンスを抽出し、読みやすく再構成したベスト版。自分の力で健康を保つための考え方&方法が満載です。

この記事は書籍「カラー版 図解 9割。の病気は自分で治せる」(KADOKAWA)からの抜粋です

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP