症状を甘くみていた!娘の結婚式前夜、アルツハイマーの父が行方不明に

pixta_9360946_M (1).jpg

ペンネーム:並木和歌子 
性別:女性
年齢:54歳
ひとり娘が嫁に行き、現在は夫と2匹の猫と暮らしています。パート仲間で行く温泉巡りが最近のブームです。この体験記は、2016年ごろのエピソードです。

娘の結婚式前日のことです。

地方に住む私の父(娘にとって祖父)は、結婚式に参列するため、前日に東京入りして我が家に泊まることになりました。母はすでに他界しており、78歳になる父は広島県の田舎町で一人暮らし。普段ひとりで電車や新幹線に乗ることもないので、私が実家まで迎えに行き、東京に連れてきました。

実家の近くに住む兄夫婦には、「最近アルツハイマーの症状がひどくなってきているから注意して見てあげてほしい」と言われました。確かに久しぶりに会った父は以前よりぼーっとしがちに見えましたが、自分のことは一通り自分でできます。孫の結婚式も楽しみにしている様子だったので、この時はまだ父の症状を甘くみていたのです。


無事に東京の自宅に父を連れてきて、私は台所で夕飯の支度を始めました。そろそろ主人も帰宅する頃だから、と焦っていたと思います。ふと気づくと、リビングでテレビを見ていたはずの父がいないのです。

玄関を見ると、父の靴がありません。その辺を散歩でもしてるのだろうか。サンダル履きのままで周辺を探してみましたが、どこにも見当たりません。心臓がドクドクと早まっていくのがわかります。

自転車に乗り換え、徒歩で行けそうな範囲はほとんど回りました。その頃主人も仕事から帰ってきたので、状況を話し手分けして探してもらうことに。

時刻は18時。もうすぐ日が沈みそうです。このまま夜になっても見つからなかったら...?警察にも捜索を依頼して、必死になって探し続けました。

アルツハイマーの症状があるとわかっていたのに、なんできちんと見ていなかったんだろう。事故にでもあっていたらどうしよう...。兄夫婦にはなんて説明しようか。もしも明日の結婚式までに見つからなかったら、娘夫婦にも多大な迷惑と心配をかけてしまう...。様々な思いが頭を駆け巡ります。

探し始めてから4時間が経過。時刻はもう21時を回って真っ暗です。主人と話し合い、このまま夜通し探して見つからなかったら、明日の結婚式は私が欠席して捜索を続けることになりました。

父が心配なのはもちろんなのですが、娘の結婚式に出席できないかもしれないことが正直ショックでした。私のせいで、一生に一度の晴れ舞台に母親と祖父が不参加だなんて、娘もさぞかし悲しむだろうと思うと、涙が止まりませんでした。


その時、私の携帯に着信がありました。警察からです。なんと、父が隣町のガソリンスタンドで保護されているというのです!

場所と連絡先を聞き、主人と一緒に車で父の元へ向かいました。ガソリンスタンドの事務所には、顔を腫らして鼻血を出している父の姿が!椅子に座って申し訳なさそうに体を縮こまらせている父に、私は思わず泣きながら駆け寄りました。

店員さんによると、鼻血を出しながら夜道をフラフラ歩いている老人を見て、心配して声をかけてくれたそうです。ガソリンスタンドまでは距離にして約3キロ。父は車の多い街道沿いをひたすらまっすぐ歩いていたのです。声をかけてくれた店員さんには本当に感謝してもしきれません。


どうやら父はひとりでリビングにいる時に、急に自分が今どこにいるのかわからなくなってしまったようです。家に帰らなくてはと思い立って歩きはじめ、道に迷い、途中で転んで顔面をぶつけていたのです。孫の結婚式のために東京に来たことを理解していると思っていたのに、実際には状況を把握できていなかったようです。

この時はじめてアルツハイマーの恐ろしさを知りました。

その後、夜間診療所で手当てを受け、なんとか翌日の結婚式にも全員揃って出席することができました。娘夫婦には心配をかけたくなかったので、式が終わるまでは失踪事件のことは話しませんでした。

今でもあの日の出来事を思い返すと、胸がキューっと締め付けられます。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
PAGE TOP