片目だけ白目が見えてる!これは斜視?子犬の頃心配していたこと/宮路ひま

18-1.png

子犬の頃は身体の事、しつけのことなどでなにかと心配事が絶えないかと思います。

私はどんぐりが子犬の頃、「斜視」が気になっていました。

片方の目だけ黒目が違うほうを向き、白目が見えることがあり、

ほんの小さな異変なのですが、子犬という事もあり なにか怖い病気のサインでは?とひそかに心配していました。

写真 2015-06-01 21 00 10 (1).jpg

しかし子犬の時期の斜視はよくあることらしく成長と共に見られなくなり、

今ではひっくり返って爆睡しているときに両目白目でも特に驚きません。


また、後ろ足がとにかく伸びるクセがあるのですが
これに関しても子犬の頃は驚いて関節の心配をしましたが
獣医さん曰くこれも「個性」のようです。

18fc2e6f-s (1).jpg

このように、子犬の頃は心配したけど今はなんでもないということがたくさんあります。

とはいえ、もしなにか心配事があったら小さなことでもかかりつけの獣医さんにご相談くださいね。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

宮路ひま

小さな頃から動物好き。17年間ともに過ごした先代の柴犬・ぺっちゃんとの別れを期に、思い出を形に残そうと考えることに。
やがてやってきた2代目柴犬・どんぐりのおバカな行動に振り回されながら書き始めたブログで、ライブドア公式ブロガーに。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP