義父の保険金で「ホスト狂い」していた義母。義父が残した遺産を使い倒し、孫ほど年の違う青年と...

「妻の母である義母は、固い職場に勤めていた義父とともに堅実な生活を送っていました。しかし義父亡き後、義母から援助の要請が来ました。いったいなぜ? 不審に思っていると、とんでもない事実が明らかになったのです」
親や夫、子ども、友人に職場の同僚、ご近所さん...。アラフィフ女性を中心に、みなさんから寄せられた人間関係の「モヤモヤ」「スカッと」「泣ける」実体験エピソードを、過去の人気記事をもとにして漫画で再構成しました。この時、あなたならどうしますか?

kansei_136.png

私よりもショックを受けていたのは妻で、義母のことを「昔は普通の金銭感覚だったはず...」と、悲しんでいました。

ただ、専業主婦だったのと早くに夫を失くしてしまったことで寂しくなり、友人たちと海外旅行などを繰り返し、外でお酒を飲むことを覚えてしまったようなのです。

そして、友人の1人にホストクラブに連れて行ってもらった際に、孫ほど歳の違う青年が自分のことを心配して声をかけてくれることがうれしかったそうです。

そして、ついそのお店に1人で通い始めてしまったとのこと。

そのあとは、喜んでもらいたい一心で高いお酒を頼んだり、どこかに食事に連れて行ったりしていた義母。

自分自身も彼にふさわしくなりたかったようです。

エステやサロンに通ったり、高級服やアクセサリーを買ったり、そんなことをしていった結果、気づけば遺産はなくなり、借金を背負うほどになってしまっていたという話でした。

義母は「もう今後こんな遊びはしない」と言っているようですが、未だにブランド服を着ることや、外に飲みに行くのがやめられない様子です。

大事にしたいと思う一方で、今後もこちらに「お金を貸してほしい」という打診が増えるのではないかと不安になっています。

漫画:とんちきくま/原案:「毎日が発見ネット」みなさんの体験記

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP