ただ散歩するだけ?どうせやるなら効果的なウォーキングを!

pixta_5615955_S.jpg

ペンネーム:お向かいのトトロ
性別:女
年齢:54
プロフィール:運動不足解消と集中力アップのために、毎日ウォーキングをやっています。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

始めてまだ半年くらいですが、私は毎朝ウォーキングをやっています。メンタリストDaiGoさんの「超集中力」という本に、緑の多い所を散歩すると集中力がアップすると書かれていたので、散歩し始めたことがきっかけでした。集中力を高めたいと思ったのは、仕事や家事の速度を上げてフリーな時間を増やしたかったからです。

正直なことを言えば、集中力がアップしているかどうかは実感がありません。ですが、周辺には緑がいっぱいあり、歩いているだけで心がリフレッシュする感じがします。

うちの近所には大きなグラウンドがあり、その横にジョギングコースとサイクリングコースがあります。グラウンドは犬の散歩もできるので、2匹の犬を連れて散歩をしてみたり、一人で散歩をしてみたり、少しずつ距離を延ばしていきました。

早朝に歩くようにすると、おじいさんやおばあさんが散歩をしている姿をよく見かけます。そこで「普通は運動のために歩くのよね」と気づき、散歩の時間の半分をウォーキングに切り替えることにしました。しっかりとしたフォームで歩けば体幹が鍛えられ、しかも集中力が上がるのなら一石二鳥。犬の散歩は違う時間にして、ウォーキングの時はフォームに集中しようと決めました。

グラウンドに着いてから少しストレッチをし、背筋を伸ばしてウォーキング。腕を振り、膝を上げる時は腰を意識して歩くようにしました。鏡でチェックしたり、誰かにフォームを見てもらっているわけではないので、ただこれが正しいと信じて歩くしかありません。

スポーツクラブのインストラクターさんに聞いたのですが、本来、ウォーキングはエクササイズなので、呼吸法も大切とのこと。歩くリズムに合わせて腹式呼吸をします。鼻から吸って口から吐くの繰り返し。

ウォーキングで基礎代謝が高まれば、ダイエット効果も期待できるそうです。時間のない時は10~15分程度の短時間でもいいのがうれしいところ。

ウォーキングを始めるまでは1時間くらいかけてのんびりと散歩していたのですが、ウォーキングで15分歩くだけでも疲れ方が違います。血行がよくなっているのか、歩いている間に全身がポカポカしてきて、いい運動です。時間のある時は、大体、1日に30分程度歩いていますが、その後は犬の散歩に行ったり、グラウンドのベンチで寛いだり。のんびり過ごすことも集中力アップにいいそうなので、ゆっくりと休憩も取りながら、楽しく続けるのを大事にしています。

このまま毎日、健康と集中力アップのために、ウォーキングを続けていこうと思っています。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
PAGE TOP