中学生の息子が要食事療法に!玄米と糸こんにゃくで糖質制限

pixta_27540874_S.jpg

ペンネーム:ダイチママ
性別:女
年齢:47
プロフィール:中学2年生の息子と二人暮らし。食べ盛り、育ち盛りの息子が美味しそうにご飯を食べているのを眺めるのが至福の時間。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

◇◇◇

中学2年生になる息子と私は食べることが大好きです。息子の美味しそうに食べる姿を見ると、幸せになります。

ところが、今年の2月にインフルエンザになってしまった息子を診察した医師は、「身長の割に体重が重すぎる気がする」と腹部エコーをしてくれました。結果は非アルコール性脂肪肝でした。成長期なので薬を使った治療ではなく、食事療法で治す方針となり、これまでの食生活を見直すことになりました。そこで取り入れたのが糖質制限でした。

うちは外食はほとんどしないのですが、市販の惣菜に頼る日も多く、野菜よりも肉中心の食事になりがち。何より白ご飯が大好きなので、丼物に偏りつつありました。

そこでまず、糖質制限として、主食を玄米にしました。さらに糸こんにゃくを刻んで一緒に炊き込んでみました。白米をこれまで1食につき2合を二人分として炊飯していたのを、玄米1合、糸こんにゃくを1合入れて、ほかにひじきやキノコ、人参などを刻んでだしのものとを入れて炊飯器で一緒に炊きます。するとこれがなかなか美味しくて、満足できました。他には野菜を必ず添えるようにして、朝は味噌汁、夜はスープをつけます。

炭水化物をすべてカットすることも考えましたが、それよりも玄米に変える程度にして、美味しいご飯を食べることも諦めない方が楽しいかなと思い、この方法で半年が経過しました。

息子は成長期真っ最中なので、この半年で多いときは1ヶ月で5cmほども伸びています。それもあってか体重は減っていませんでした。主治医に相談したら、身長が伸びていて体重が変わらないのだから大丈夫と言われ、この方法を続けることにしています。

今回の糖質制限のおかげで、食事内容を見直すことができ、おまけに、食物繊維の量が圧倒的に増えたので、私もお通じがすっかりよくなりました。玄米は面倒とよく聞いて敬遠していたのですが、やってみると普通の炊飯器で当たり前に炊けました。うちの炊飯器は高性能ではありませんが、全く問題ないです。

ちなみに、キヌアも試しましたが、これはブツブツ感が息子には不評。今は玄米ですっかり定着しています。糸こんにゃくを入れないともちもち感が足りない気がするので、これはうちは不可欠です。あとは、出汁を洋風にしてみたり、ケチャップを入れてみたりするとリゾット風になって、飽きません。

今ではこんな食材で試そうか、と息子と話しながらの買い物が楽しいです。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
友だちに教える
この記事が気に入ったらいいね!しよう
毎日が発見の最新記事をお届けします。
PAGE TOP
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット