わたしが「お義母さん大好き!」な3つの理由/チカ母

初めまして 。夫とともに、3才になったばかりの娘・チカの子育てに奮闘中のチカ母です。

チカ母1.png

夫とは、結婚して6年目になります。

我が家から夫の実家までは、電車で3駅ととても近いため、月に1、2回の頻度で会いにいっています。初めの頃は、正直に申し上げますと、夫の実家に行くのは、"嫁としての勤め"という気持ちが大きかったです。ですが、お義父さんもお義母さんもとても良い方で、今では私と娘だけでも会いにいくまでになっています。

ネットやテレビでは、お義母さんとうまくやっていくのは難しいという話をよく見ますし、私の周りでも、悩んでいるママ友がいたりもするので、私はラッキーなのだと思います。

今回は、この5年間の中で、私が「お義母さん大好き!」になった、義母の素敵なところをご紹介したいと思います。

1.手土産に思いやりがあふれている

結婚して間も無く、夫の両親が我が家に遊びにきてくれたときのことです。
チカ母2.png

中には夫と私の好きなマグロのお刺身が入っていました。
違う日には、湯煎で温めるだけで食べられる鰻の蒲焼だったり、焼肉用のお肉と一緒に美味しいタレを持ってきてくれたり。

自分たちが帰ったあと、私が晩ご飯作りを楽できるように、考えてくれているのがわかって感動しました。

渡すときにも、私に気を遣わせないように会話の途中に何気なく渡してくれるのもスマートで格好いいな、と思います。

2.プレゼントは事前に好みを確認してくれる

娘が産まれてからは、お義母さんは娘の洋服を選ぶのが楽しいそうで、よくプレゼントしてくれます。

チカ母3.png
夫と私の好みや、最近はどんな服を着せているかを必ず確認してくれるので、お義母さんが選んでくれた服は手持ちのものにも合わせやすく、どれも嬉しいものばかりです。

チカ母4.png

3.私の育児法を尊重してくれる

2才過ぎまで母乳を飲ませていたのですが、「まだ飲んでいるの?」なんてことは
一度も言われたことはなく、寧ろ母乳の出が良いことを褒められました。

IMG_0367.PNG

娘にご飯やおやつをくれるときも、夫や私に「これはチカちゃん食べられる?」と確認してくれます。

こちらが気を遣われすぎてると気おくれしないような自然な心遣いをしてくれる、とても素敵なお義母さんなのです。

チカ母

ライブドア公式ブロガー。抱っこが大好きな娘のおかげで腕だけやたらとたくましいお母さん。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP