【漫画】父のガンが発覚。告知の選択を迫られ、厳格な父の「弱さ」に向き合った日<後編>

「こちらが良いと思った答えが、相手を傷つけることもあります。がんを父に告知するか否か、決断を迫られたとき、私は自分がどうしたいかより、父がどう思うだろうと考えました」
親や夫、子ども、友人に職場の同僚、ご近所さん...。アラフィフ女性を中心に、みなさんから寄せられた人間関係の「モヤモヤ」「スカッと」「泣ける」実体験エピソードが漫画になりました。この時、あなたならどうしますか?

【前編】「お父さんがえらいことに...」故郷の母が震える声で告げた衝撃の事実とは?

#61-5.png

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

漫画:佐々木ひさ枝
Facebook:佐々木ひさ枝

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP