一社も面接まで進めない日々...57歳からの再就職活動

pixta_13488793_S.jpg

ペンネーム:たーさん
性別:男
年齢:60
プロフィール:長年勤めていた会社を57歳で退職し、58歳で再就職をいたしました。家族は、妻と長男(学生)の3人暮らしです。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

長年勤めていた会社を、事業縮小に伴い、57歳で退職。そして、58歳で再就職をいたしました。

勤めていた会社は、アパレル関係の小売業の会社でした。やっとできた再就職は、商社での通販の商品開発の仕事です。家族は、妻と長男(23歳学生)で15年前に都内に購入した家のローンを払いながらの生活です。

前職では退職のギリギリまで、事業整理のために働いておりましたので、転職に伴う事前の準備は全くできておりませんでした。退職をしてからの生活は、家のローンもまだまだ残っており、子供も大学生で経済的な負担も大きく、僅かな退職金は出ましたが、非常に不安な状況でした。

退職後、失業保険の手続きもあり、再就職先を探すためにすぐハローワークに駆け込みました。幸い事業縮小に伴う退職だったので会社都合の退職ということになります。比較的すぐに失業保険の給付が始まりました。

 

再就職先を探すことは、57歳というこの状況では、非常に難易度の高いことでした。前職では670万円程度の収入がありましたが、同程度の収入を確保することは難しいのです。それでも、なにも伝手がないため、ハローワークの窓口を頼るしかありません。

ハローワークには、55歳過ぎの高年齢者向けに、個別に担当が付いてくれる仕組みがあり、早速お願いをしました。会社に就職する時に書いた履歴書が最後の経験でしたので、履歴書の書き方、職務経歴書の書き方さえも分からず、ハローワークの高年齢者担当者の方に、一から指導を仰ぎました。

ただ紹介については、ハローワークで収入よい紹介案件はなかなかありませんでした。あっても全く相手にされません。3カ月間の間に20件以上は履歴書を送付しましたが、書類選考ですべてダメです。面接は1件も叶いませんでした。

 

そんな中、公的機関ではなく、一般の転職斡旋の会社にもいろいろな情報収集のために訪問していたところ、インターネットの転職サイトの紹介を受けました。半信半疑でしたが、藁にもすがる状況でしたので、早速教えて貰った3社のインターネット転職サイトに登録をいたしました。

インターネットの転職サイトでは紹介も多く、喜んで応募を行いましたが、やはり57歳という年齢のせいか、全く反応はありません。インターネットの転職サイトは応募が簡単な為、2カ月の間に50件以上の応募をいたしましたが、やはり面接すらできませんでした。

 

ところが、就職活動を始めて4カ月が過ぎたころ。登録をしているインターネット転職サイトの担当者の方から、直接電話で就職先の紹介の連絡がきたのです。好条件の内容でした。収入も前の時からは下がりますが、会社も大きく、就業時間や休日等もしっかり保証されています。

そうして、やっと面接にたどり着け、2回の面接を行い、内定をもらうことが出来たのです。

 

まわりからは、57歳の年齢では望んでいる条件で再就職をすることは絶対に無理だと言われてきましたが、いろんな小さなチャンスも逃さずに利用し、幅広い取り組みで情報を得ることができ、再就職を実現することができました。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
友だちに教える
この記事が気に入ったらいいね!しよう
毎日が発見の最新記事をお届けします。
PAGE TOP
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット