メインビジュアル

イライラが止まらない、怒りっぽい.../医師に聞いた「更年期、こんな時どうすれば?」(3)[PR]

「最近、ちょっとしたことでイライラする」「ついつい周囲の人にきつく当たってしまう」など、感情のコントロールがうまくできずに不安に思うことが増えていませんか。今回は、更年期にイライラしてしまう原因と対策について、よしかた産婦人科院長で、横浜市立大学附属市民総合医療センター・女性ヘルスケア外来専任医師の善方裕美先生に教えていただきました。

特集「更年期に備えませんか? ようやく、わたしの時間」について(別ページに移動します)

おすすめ記事:なんだか集中できない、忘れっぽい.../医師に聞いた「更年期、こんな時どうすれば?」(2)[PR]

pixta_29623336_S.jpg

近頃、怒りっぽくなったかも...

――善方先生、読者のみなさんから、「理由もないのにイライラする」「感情の起伏が激しくなった気がする」といった声をいただくのですが、原因がはっきりしないのになんだかイライラするというのも、更年期のせいなんでしょうか?

善方先生(以下、善方)イライラが必ずしも更年期の症状とは限りませんが、エストロゲン(女性ホルモンの一つ)の変動が原因になっている可能性は考えられますね。エストロゲンの分泌は、思春期にどんどん上がり、20~30代は安定、40歳頃から不安定になり、45歳から55歳にかけてどんどん下がっていきます。そして、だいたい50歳が平均的な閉経年齢になります。

――となると、更年期(閉経の前後5年程度)には、エストロゲンの分泌はかなり下がっているということですね。だからイライラするんでしょうか?

善方:それがそうとも言えないんです。更年期に気持ちが沈むなどうつっぽくなる場合は、エストロゲンの分泌が減るせいだと言えますが、イライラはちょっと違っていて、女性ホルモンの変化によるいわゆる「揺らぎ」が関係していると考えられます。エストロゲンが増えたり減ったりすることで、イライラしてしまうんです。

――「揺らぎ」ですか? どういうことでしょう?

善方下のグラフを見てください。これはエストロゲンの分泌量を示すものですが、40歳ぐらいから、エストロゲンが増えたり減ったりしていますよね? これが、一般的に言われる「揺らぎ」。すごく調子がいい日、悪い日、生理が短い、長い、といったものが30代の終わりぐらいから始まります。

画像3.png

※善方裕美先生の資料を編集部にて改訂

――それって、これまできっちりきていた生理が、最近、2日遅れる、2~3日早い、だらだら続くとか、そういったことですか? 

善方:そうそう、それがまさしく「揺らぎ」です。

――えっ! じゃあ、私も思いっ切り揺らぎ中です。

善方:生理周期が変わってくる、(経血の)量が減るとか...。卵巣機能はナイーブなものなので、人によって症状に差はありますが、大なり小なりあるものです。

――揺らぎによって激しくイライラしてしまう場合、どうしたらいいのでしょうか?

善方:ホルモンの変動による場合は、漢方治療でよくなる方もいます。クリニックに来る患者さんでも、漢方治療をすることでイライラが落ち着いたという方がいらっしゃいますよ。 イライラすることで自分がつらくなってしまうという人は、婦人科で相談してみるといいですね。

おすすめ記事:ネガティブ厳禁!1日5回言うだけで運がよくなる「魔法の言葉」

旦那さんへのイライラが止まらない...

――先生のクリニックにいらっしゃる患者さんでも、更年期のイライラを訴える方はいらっしゃいますか? どんなことに怒りを感じる人が多いのでしょう?

善方:もちろんいらっしゃいますよ。家族、特に旦那さんへの不満を抱えている方が多いように感じます。「話を聞いてくれない」「思いが伝わらない」とか...。でも、よくよくお話を伺っていると、旦那さんも話を聞いていないわけではなかったりするんです。ただ、男性と女性では、そもそも話の聞き方や受け止め方が違うもの。そういった場合には、伝え方を提案します。

――具体的にはどんなふうに伝えるとよいのでしょう?

善方:旦那さんに話をする前に、「これから話をするけれど、解決策を求めているわけではないので、ただ聞いてほしい」と、最初に断りを入れるようにするとか、「先に結論を話す」といった感じです。聞いてもらうだけで満足することってあるじゃないですか?

――すごくよく分かります!! 解決策を提示されても、「そこじゃない」となったりしますよね(笑)。

善方:それから、更年期は体調も気持ちもしんどいことが多いものですが、家族や友人には言えない悩みもありますよね。そういったことは、他人に話すことで気持ちがラクになることも。「誰かに話を聞いてもらいたい」という欲求を満たすために、相談できるかかりつけ医をもっておくといいですよ。

――ところで、イライラしてしまうときにすぐできるセルフコントロール術的なものってありますか?

善方:自分なりのストレス解消法を見つけておくといいですね。例えば、「壊していいものを用意しておいて、イライラしたらわざと破壊する」「クッションに顔をつけて、大声でわめく!」とか。すぐできる発散法を見つけておきましょう。

――すっきりしそうですね。

善方:いまのは爆発しそうな怒りを他にぶつけるという解決法です。でも、できたらイライラしないようになりたいですよね? 患者さんの中にも、「イライラしてしまうことがいやだ」という方が少なくありません。そういった方は、どこか無理をしていることが多いものです。会社や家での立場だったり、忙し過ぎたり、責任を抱え込み過ぎたり...。少しの時間でいいので、何も考えない時間を作ってみるといいですよ。

――何も考えない時間って、意外にないですね。どんなふうに作ったらよいでしょう?

善方:「ゆっくりと呼吸を整える」「5分でいいので、目を閉じて好きな音楽を聴いてみる」といったことでも十分です。そんな時間はとれないという人は、好きな香りの入浴剤を入れた湯船につかって、バスタイムを楽しむのがおすすめ。「気持ちいいな」と思える時間をもってください。

おすすめ記事:眠れない、身体が重い、でもやること満載...。生きていくのが辛いよ.../あぽりさんの更年期(1)[PR]

おすすめ記事:嫌なことを書くのが転換のきっかけ! 怒りや不安を見える化すれば対策がとれる「嫌なことノート」のススメ。

取材・文/寳田真由美(オフィス・エム)

<教えてくれた先生>

善方裕美(よしかた・ひろみ)
よしかた産婦人科院長。横浜市立大学産婦人科客員准教授。横浜市立大学附属市民総合医療センター・女性ヘルスケア外来専任医師。日本産科婦人科学会専門医、日本女性医学学会認定女性ヘルスケア専門医。日本骨粗鬆症学会認定医・評議員。更年期障害に関しては、カウンセリング、ホルモン補充療法、漢方薬、食事、運動、代替医療など多方面からのアプローチで治療を行う。神奈川県未病女子プロジェクトをはじめ、女性ヘルスケア関連の講演会活動、大学とコラボした臨床研究推進など、女性の幸せな一生を応援すべく奔走中。著書に『最新版 だって更年期なんだもーん 治療編』(主婦の友社)など。

PAGE TOP