人生の折り返し地点の40代、どう生きる? 「次のステージ」 への進み方/40代にとって大切な17のこと

人生の折り返し地点である40代。残りの人生の指針が決まる大事な時期でもあります。コロナ禍によってこれまでのルールが変わりつつあり、多くの方が生き方に迷っているのではないでしょうか。著者の本田健さんも、そんな悩みを抱えていた一人。そんな本田さんの経験をもとに書かれた『40代にとって大切な17のこと』(PHP研究所)より、40代を後悔なく生きるヒントを厳選してお届けします。

※本記事は本田 健著の書籍『40代にとって大切な17のこと』から一部抜粋・編集しました。

はじめに―40代、この時代をどう生きますか?

あなたは今、何を感じて生活しているでしょうか?

毎日、充実している感じですか?

忙しいばかりの毎日でしょうか?

からだが疲れていたり、精神的につらい状態にいるかもしれません。

あるいは、変化のない日常に、少し退屈している人も、なかにはいるでしょう。

あなたがどういう状態でも、それが、40代になった、あるいは、40代になろうとしている、あなたの今です。

さあ、ここから人生をどう変えていきますか?

「いまさら人生が変わるわけがない」もしかしたら、あなたは、そんなふうに感じているかもしれません。

もちろん、いまから人生を変えていくことは、そう簡単ではないでしょう。

「もう20代の自分とは違う」「30代ならまだしも、40歳を過ぎたらどうしようもない」たしかに、その通りです。

20代の自分、30代になった頃の自分を振り返れば、当時はまだまだ目の前に、いくつもの可能性の扉が用意されていたのではないでしょうか?

少なくとも、その扉が、あなたには見えていたはずです。

そして当時、勇気を出して、その扉のいくつかを、あなたは開けてみたかもしれません。

おかげで、「いまの自分」がある、という人もいるでしょう。

なかには、「あんな扉を開けさえしなければ」と、いまでは後悔している人もいるかもしれません。

40歳を過ぎれば、社会人になって20年近く、あるいはそれ以上の時間がたったわけです。

その間に、結婚したり子どもを持ったりして、自分の家庭を築いている人も多いでしょう。

友人たちが、そうやって人生のドラマを展開するのを横目で見つつ、自分はずっとシングルで生きてきた人もいると思います。

どんな状態であれ、「いろんなことがあったなぁ」というのが、「40年」の人生をあらためて振り返ったときに、あなたが感じることではないでしょうか。

いまが不幸かと聞かれたら、「そんなことはない」という人がほとんどでしょう。

けれども、では幸せかといえば、「不幸とはいえない」「こんなものじゃないですかね?」というような、曖昧な答え方になる人が多いのです。

そして、たいていの人が、ここから先はもう「大きな変化もない」と思っています。

というか、あんまり変化がないといいなと願っているところもあります。

あなたも、そうではありませんか?

ところで、「変化」というのは、必ずしも、よいこととは限りません。

変化の多い人生は、文字通り、波瀾万丈です。

退屈からは逃れられますが、安定からは遠ざかります。

40歳を過ぎて安定しない人生では、不安がつのるばかりでしょう。

だから、「あえて変化を望まない」という人も多いはずです。

それも一つの選択です。

人生は、自分が選択した通りになっていきます。

いまのあなたの人生は、これまでのあなたが、選択してきた結果なのです。

その選択に、あなたは満足しているでしょうか?

人生を80年とすれば、40代はその折り返し地点になります。

前半の40年が終わって、いまから後半戦へと入っていきます。

「30代」は人生でいちばん忙しい年代でした。

働いていれば、任せられる仕事が増えていったでしょう。

結婚したり、子どもを持ったりしたことで、それまでの生活が一変してしまったという人もいたでしょう。

親が倒れて、否応なしに介護生活が始まったという人もいたはずです。

職場でも家でも、ゆっくりできる時間はほとんどなく、気づいたら「40歳になっていた」のではありませんか?

この本のタイトルは、『40代にとって大切な17のこと』です。

あなたに、自分に何が大切かを見直していただくために、僕は、この本を書いていきます。

いろんな角度から見直して、いまの人生が素晴らしかったと気づけば、これからの人生にも自信が持てるでしょう。

いままで大切にしてきたものを、これからも大切にしていってください。

一方で、もしかしたら、これまで少し、おろそかにしていたことがあったとしたら、いまから大切にしましょう。

仕事に打ち込んで来た人は、家族や自分のことが、おろそかになっていたのではないでしょうか。

そういう人は、家族との時間をもっと持てばいいのです。

親や兄弟姉妹との関係は、どうでしょうか。

とくにケンカしたわけでもないのに、「もう何年も帰省していない」「声すら聞いていない」「メッセージのやりとりぐらい」という人が案外、少なくないようです。

育児や教育、家族の介護をしてきた人は、仕事をしたり、自分の時間を楽しんだり、ということを後まわしにしてしまったかもしれません。

これまでの生活を、変えたほうがいい、と言いたいのではありません。

40年生きてきて、「変えない選択」をするのか、「変える選択」をするのか。

それを考える時間を持つことは悪いことではないでしょう。

どうしてかと言えば、それによって、これからの人生が変わっていくからです。

 

本田 健

作家。神戸生まれ。経営コンサルタント、投資家を経て、現在は「お金と幸せ」をテーマにした講演会やセミナーを全国で開催。インターネットラジオ「本田健の人生相談」は5000万ダウンロードを記録。

31M0CrQVmbL.jpg

40代にとって大切な17のこと

本田 健/PHP研究所)

40代は人生の折返し地点であり、50代以降の指針が決まる大事な時期。仕事や家族、親などとの関係性の変化。さらに、コロナ禍によってこれまでのルールが変わりつつあり、多くの方が生き方に迷っているはず…。そんな40代どうを過ごせばいいのか? 人生の後半を素敵に迎えるためのヒントが詰まった一冊。

▶Amazon(単行本)
▶Amazon(電子書籍Kindle版)
▶楽天ブックス(単行本)
▶楽天ブックス(電子書籍Kobo版)
▶Renta!
▶コミックシーモア
▶ebookjapan
▶BookLive!
▶BOOK☆WALKER


離婚してもいいですか? 翔子の場合

夫がいても誰かを好きになっていいですか? アヤの選択

なんでも横取りする妹が嫌い.jpg

※この記事は『40代にとって大切な17のこと』(本田 健/PHP研究所)からの抜粋です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP