パチンコに通う母と、泥酔する父。ある日訃報を知らせる電話が鳴り.../毒親絶縁日記

子どもに悪影響を及ぼす「毒親」の存在。大人になってから「自分の親は『毒親』だった」と気付くケースも増えています。コミックエッセイ『毒親絶縁日記』(ぴあ)の著者・北瀬ユズさんは、自分勝手な両親に振り回されながらも、愛されたい一心で「いい子」として生きてきたそう。そんなユズさんが自分の親が毒親だと気付いて絶縁するまでの半生を描いた同作から、親子関係について考えさせられるエピソードを厳選してお届けします。

ストレス性の過換気症候群と診断された母親の病状が回復。しかし、母親は「息抜き」と称して毎日パチンコへ通うようになっていきました。家事もせず、自分の母親の老人ホームへも顔を出さない様子を見て、父親も徐々に不満がたまり始めて...。

※本記事は北瀬ユズ著の書籍『毒親絶縁日記』から一部抜粋・編集しました。
※この記事はセンシティブな内容を含みます。ご了承の上、お読みください。

【前回】「あんたがいてくれてよかった」病気の母を看病することで見つけた私の存在意義

【最初から読む】下着姿の2歳児を真冬に外で放置! 感情の起伏の激しい母の元で育った壮絶エピソード

パチンコに通う母と、泥酔する父。ある日訃報を知らせる電話が鳴り.../毒親絶縁日記 dokuoya_p47.jpg

 

北瀬ユズ(きたせ ゆず)

1980年代生まれ。自分の親が毒親だと気づいて、絶縁するまでの話をインスタグラムで公開している。 Instagramアカウント @yuzu.kts

shoei.jpg

毒親絶縁日記

北瀬ユズぴあ

自分の親が「毒親」だと気づいて絶縁するまでの壮絶な半生を描いた実録コミックエッセイ。2018年6月より著者がインスタグラムにて投稿してきた「自分の親が『毒親』だと気づいて絶縁するまでの話」に描き下ろしを加え、幼少期から学生、社会人、結婚、そして絶縁に至るまでを全5章で構成。

▶Amazon(単行本)
▶Amazon(電子書籍Kindle版)
▶楽天ブックス(単行本)
▶楽天ブックス(電子書籍Kobo版)
▶コミックシーモア
▶BookLive!
▶BOOK☆WALKER


202203_fujoinewnomal_760x189.jpg

202204_sentakumono_760x189.jpg

renaiizon_760x189.jpg

※この記事は『毒親絶縁日記』(北瀬ユズ/ぴあ)からの抜粋です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP