【娘が学校に行きません】まさか自分の娘が不登校になるなんて...「今日だけ休ませて」と泣く娘

ある日突然、子どもが学校に通えなくなった...。不登校の生徒・児童は年々増加傾向にあり、特に近年は新型コロナ長期化でさらに増加傾向にあるとも言われています。そこで今回は、実際に子どもが不登校になった経験を描いた野原広子さんの『娘が学校に行きません 親子で迷った198日間』(KADOKAWA)をお届け。迷えるお母さんや、学校に行けない子ども達に、読んで、知って、笑って、少しでもラクになってほしいという思いで描かれた実録コミックエッセイです。

※本記事は野原広子著の書籍『娘が学校に行きません 親子で迷った198日間』から一部抜粋・編集しました

1-1.jpeg

 

野原広子

神奈川県生まれ。「コミックエッセイ プチ大賞」B賞受賞。出産を機に、育児雑誌などでのイラスト執筆を始め、フリーのイラストレーターとして活躍。

著作に『消えたママ友』『離婚してもいいですか?』『離婚してもいいですか? 翔子の場合』『ママ友がこわい 子どもが同学年という小さな絶望』『ママ、今日からパートに出ます! 15年ぶりの再就職コミックエッセイ』(KADOKAWA)など。

shoei.jpg

娘が学校に行きません 親子で迷った198日間

野原広子/KADOKAWA)

今やクラスに数名は不登校児がいる時代。迷えるお母さんや、学校に行けない子ども達に、読んで、知って、少しでもラクになってほしい。つまづきから、少しずつ力を得て立ち上がり、やがて学校に通えるようになった娘と、焦り、戸惑いつつも一緒に歩んだ母との198日間の日々を描いた実録コミックエッセイです。

▶Amazon(単行本)
▶Amazon(電子書籍Kindle版)
▶楽天ブックス(単行本)
▶楽天ブックス(電子書籍Kobo版)
▶Renta!
▶コミックシーモア
▶ebookjapan
▶BookLive!

※この記事は『娘が学校に行きません 親子で迷った198日間』(野原広子/KADOKAWA)からの抜粋です。
PAGE TOP