家で殴られ、学校でいじめられ。でも消えてしまいそうな母に胸が痛んで/母さんがどんなに僕を嫌いでも(2)

【記事一覧】まとめ読みはこちらから

自身の凄絶な生育歴と母親との確執を描いた『母さんがどんなに僕を嫌いでも』(KADOKAWA)。著者の歌川さんが、他人におおっぴらに話せなかった過去を赤裸々につづった伝説的コミックエッセイで、2018年には映画化もされ多くの人の感動を呼びました。令和の時代に改めて読みたい本作品を、連載形式でお届けします。

【前回】虐待やいじめを生き延びた著者の実話コミック。完璧で美しい母は.../母さんがどんなに僕を嫌いでも

hahaboku11.jpg

【続きを読む】

Amazon(電子書籍Kindle版)で『母さんがどんなに僕を嫌いでも』を読む
楽天ブックス(電子書籍Kobo版)で『母さんがどんなに僕を嫌いでも』を読む
Renta!で『母さんがどんなに僕を嫌いでも』を読む

 

歌川 たいじ
1966年、東京都生まれ。漫画家。1日10万アクセスを記録したブログ「ゲイです、ほぼ夫婦です」で人気を博し、2010年『じりラブ』でデビュー。2013年に伝説的コミックエッセイ『母さんがどんなに僕を嫌いでも』を刊行、本作は2018年映画化。他の著書に『母の形見は借金地獄』『「おつきあい」の壁を乗り越え48キロやせました』など。2015年には小説家としてもデビューし、多方面で活躍。セクシャリティを問わず多くの熱烈なファンをもつ。

shoei.jpg

『新版 母さんがどんなに僕を嫌いでも』

(歌川たいじ/KADOKAWA)

「母さんは、美しくて、そしていつもちょっとかわいそうでした。」自身の凄絶な生育歴と母親との確執を描き、多くの人の感動を呼んだ伝説的コミックエッセイ。渾身のオール描下ろし新版。

Amazon(単行本)
Amazon(電子書籍Kindle版)
楽天ブックス(電子書籍Kobo版)
コミックシーモア!
Renta!
ebookjapan
BookLive!

※この記事は『母さんがどんなに僕を嫌いでも』(歌川たいじ/KADOKAWA)からの抜粋です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP