そこそこの折り合いのススメ。グッと堪えて流して消して/頑張りすぎない練習

人づき合い、仕事、家族の介護...「頑張る」はいいけれど、「頑張りすぎ」はダメ。無理せず、ほどよく、上手に休む―新聞、テレビ、ラジオ等で話題沸騰中、「現役看護師」の女性僧侶・玉置妙憂さん待望の新刊『頑張りすぎない練習 無理せず、ほどよく、上手に休む――』(マガジンハウス)より、心がラクになる生き方のヒントをお届けします。

【前回】「いいね!」をもらわないと、自分を好きになれない...?/頑張りすぎない練習

【最初から読む】「頑張りすぎ」は「何もしない」と同じ。頑張るためだけに生きてませんか?/頑張りすぎない練習

pixta_22957385_S.jpg

「そこそこ」で、折り合いをつける ――求めすぎると「幸せ」は遠のく

何をしてもしなくても、トラブルというものは必ず起こります。

人間関係は特にそう。

家族はもちろん、親せきや近所づき合い、職場の上司や部下......、

悩みのタネはつきませんね。

ひと昔前なら、お互い「そういうこともあるよね」と言って、

何事もなかったことにできていたような気がします。

ぐっとこらえて自分の中で折り合いをつけ、流して消してしまう。

「度量がある」とはそういうことでした。

私たちの親世代には、教えられることがたくさんあります。

たとえば、「結婚」です。

親世代はめったに離婚しません。

お話を聞いてみると、

「なぜ、離婚しなかったのだろう......」と思うような、

大変な経験をされている方が多いのですが、

夫婦お互いに「いたしかたないね」と折り合いをつけ、

上手に乗り切ってこられたのです。

今は昔に比べると、離婚率が増えているようです。

私も30代で離婚の経験があります。

私が看護師になろうと思ったのは、長男が重度のアレルギーで、息子専属の看護師になろうと決心したことがきっかけです。

最初の夫と考え方が違うなと思い始めたのは、その長男を出産したあとのことでした(看取ったのは、それから数年して出会い、再婚した夫です)。

夫婦といっても、もともとは他人同士。

ずっと一緒に仲よくできるほうが奇跡です。

でも、やはり「ぐっと飲み込むことができなかったのかな」と思うこともあります。

また、教育の影響もあるでしょう。

私たちは、「良いこと」と「悪いこと」を判断するよう教育されてきました。

それは、けっしてまちがいではないのですが、

「そこそこ」で折り合いをつけて流すということを忘れてしまったのかもしれません。

私が幼少のころは、お正月や誕生日など、年に何回かのイベントがとても晴れやかに思えた時代でした。

ケーキなど、めったに食べられるものではありませんでした。

大学生のとき、私はアルバイトをして初めてもらったお給料でケーキを買いました。

「誕生日でもないのにケーキなんか買ってしまっていいのかな」

と考えたことをとてもよく覚えています。

今はケーキなどあたりまえです。

スーパーでもコンビニでも売っていて、特別でもなんでもありません。

ケーキと並んで、子どものころの一大イベントだったお寿司も、

くるくる回って、いつでも安く食べられるようになりました。

ひと昔前は、心を満たしてくれるものがわかりやすかったのだと思います。

ところが今は、満足させてくれるものがどんどん少なくなって、

もっと違うものを、もっと特別なものを、とあせっているようです。

「自分へのご褒美」も、そこそこで折り合いをつけることができれば、

頑張りすぎることもないのですけれど。

【次回】この世は「仮想現実」!? 人それぞれ、見ている景色は違うもの/頑張りすぎない練習

【まとめ読み】『頑張りすぎない練習 無理せず、ほどよく、上手に休む―― 』記事リスト

61xhzr0jn+L.jpg

人づき合い、仕事、家族の介護...無理せず、ほどよく、上手に休む―現役看護師の僧侶が伝える心がラクになる生き方。

 

玉置妙憂

看護師。僧侶。スピリチュアルケア師。二児の母。現役の看護師として勤めるかたわら、非営利一般社団法人「大慈学苑」を設立し、 院外でのスピリチュアルケアにも注力。講演会やシンポジウムの開催を行うなど、幅広く活動する。著書に、『まずは、あなたのコップを満たしましょう』(飛鳥新社)、『死にゆく人の心に寄りそう』(光文社新書)、『困ったら、やめる。迷ったら、離れる。』(大和出版)など。

shoei2.jpeg

『頑張りすぎない練習 無理せず、ほどよく、上手に休む――』

(玉置妙憂/マガジンハウス)

「現役看護師」の女性僧侶・玉置妙憂さんが贈る人生の教科書。人づき合い、仕事、家族の介護…「頑張る」はいいけれど「頑張りすぎ」はダメ。「頑張りすぎない考え方&実践法」満載の心がラクになる生き方をまとめた1冊です。

※この記事は『頑張りすぎない練習 無理せず、ほどよく、上手に休む―― 』 (玉置妙憂/マガジンハウス) からの抜粋です。
PAGE TOP