40代ってどんなイメージ? 「自分の取扱説明書」を作っておくべし! /40代にとって大切な17のこと

人生の折り返し地点である40代。残りの人生の指針が決まる大事な時期でもあります。コロナ禍によってこれまでのルールが変わりつつあり、多くの方が生き方に迷っているのではないでしょうか。著者の本田健さんも、そんな悩みを抱えていた一人。そんな本田さんの経験をもとに書かれた『40代にとって大切な17のこと』(PHP研究所)より、40代を後悔なく生きるヒントを厳選してお届けします。

※本記事は本田 健著の書籍『40代にとって大切な17のこと』から一部抜粋・編集しました。

【前回】40代の10年で人生の後半が決まる!? 大切なこの時期の過ごし方は...

【最初から読む】人生の折り返し地点の40代、どう生きる? 「次のステージ」 への進み方

「人生とは何か」を考えなければ、一瞬で過ぎる

あなたが、なりたかったものは何ですか?

「10代」「20代」の頃を思い出してください。

それこそ、いろいろな夢がいっぱいあったのではないでしょうか。

「ミュージシャンになるぞ!」「自分のお店を持つぞ!」「結婚して子どもを持ちたい!」人生とは自分の夢を叶えていくものだと思えるくらい、夢にも人生にも、ポジティブな時代です。

「30代」は、実際にそれをやり始めて、うまくいったり、うまくいかなかったり、その両方を体験したり、という時代です。

喜びがある一方で、がっかりすることも多いかもしれませんが、どちらにしても「挑戦すること」「挑戦していくこと」にワクワクするはずです。

山で言えば、登っていく感じです。

つらくても、「ここさえ乗り切れば」と思って、希望を持つことができます。

さあ、これまでは、上にあがっていく人生だったわけですが、「40代」になってくると、必ずしも「上り」とは限りません。

むしろ、ここからは下りていくことを意識しておくことです。

人生80年を観覧車にたとえるなら、「40代」でゴンドラは頂点に達します。

これまでは、ずっと上がってきたわけですが、ここからは、下がっていくわけです。

「40代」になって、人は「下りの人生」を初めて体験することになります。

40代に入ったばかりでは、まだ自覚はないと思いますが、年を重ねるごとに、膝や肘が曲がりにくくなったり、目が疲れたり、かすんだり、肩がこったり、腰が痛んだり、なかには大病をわずらう人も出てきます。

どんなことでも、後半というのは「終わり」に向かって歩いていくもので、人生で言えば「40代」は、その始まりなのです。

そうかといって、悟れるような感じのことは全然なく、たいていの人は、時間に追いまわされています。

やらなければならない仕事は一向に減らず、お金もそれほど手元にあるわけでもなく、面倒を見ている子どもには感謝されるどころか避けられたり、面倒を見ている親から返ってくる言葉は文句ばかり、と思うような毎日です。

パートナーには頼れず、兄弟姉妹は無責任で、自分だけが大変で、孤独感にさいなまれています。

「自分はいったい何をしているんだろう?」と、人生がとつぜん虚しくなることもあるでしょう。

よほど自分のメンタルを整えておかないと、そんな虚しさを抱えたまま、一瞬で過ぎてしまうのが「40代」です。

 

本田 健

作家。神戸生まれ。経営コンサルタント、投資家を経て、現在は「お金と幸せ」をテーマにした講演会やセミナーを全国で開催。インターネットラジオ「本田健の人生相談」は5000万ダウンロードを記録。

31M0CrQVmbL.jpg

40代にとって大切な17のこと

本田 健/PHP研究所)

40代は人生の折返し地点であり、50代以降の指針が決まる大事な時期。仕事や家族、親などとの関係性の変化。さらに、コロナ禍によってこれまでのルールが変わりつつあり、多くの方が生き方に迷っているはず…。そんな40代どうを過ごせばいいのか? 人生の後半を素敵に迎えるためのヒントが詰まった一冊。

▶Amazon(単行本)
▶Amazon(電子書籍Kindle版)
▶楽天ブックス(単行本)
▶楽天ブックス(電子書籍Kobo版)
▶Renta!
▶コミックシーモア
▶ebookjapan
▶BookLive!
▶BOOK☆WALKER


離婚してもいいですか? 翔子の場合

夫がいても誰かを好きになっていいですか? アヤの選択

なんでも横取りする妹が嫌い.jpg

※この記事は『40代にとって大切な17のこと』(本田 健/PHP研究所)からの抜粋です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP