つまらないからワクワクする未来へ! 50代以降の人生をどう過ごす?/40代にとって大切な17のこと

人生の折り返し地点である40代。残りの人生の指針が決まる大事な時期でもあります。コロナ禍によってこれまでのルールが変わりつつあり、多くの方が生き方に迷っているのではないでしょうか。著者の本田健さんも、そんな悩みを抱えていた一人。そんな本田さんの経験をもとに書かれた『40代にとって大切な17のこと』(PHP研究所)より、40代を後悔なく生きるヒントを厳選してお届けします。

※本記事は本田 健著の書籍『40代にとって大切な17のこと』から一部抜粋・編集しました。

【前回】40代ってどんなイメージ? 「自分の取扱説明書」を作っておくべし!

【最初から読む】人生の折り返し地点の40代、どう生きる? 「次のステージ」 への進み方

このままいくと、あなたの未来は?

「30代」になってくると、「20代」の希望がマイルドな絶望に変わっていきます。

「40代」になると、人によっては、その絶望は決定的なものになります。

自分ができると思っていたことが、じつは「できない」という現実に、向き合っていくことになるからです。

就職が決まったときには、「自分なら、こういう仕事ができるんじゃないか」と夢に描いていたことがあったでしょう。

でも、たとえば「そこまでの構想力はない」とか「創造性がない」「交渉力がない」「行動力がない」......ということがわかって、結局は、たいしたことができないということに、多くの人たちは打ちのめされているはずです。

それでも、その企業や組織、属している部署の中で、失敗したり、うまくいったり、一進一退を繰り返しながら、なんとかその仕事をこなしていくわけです。

フリーランスの人も、その意味では同様です。

フリーランスというと、それこそプロフェッショナルでレベルが高いように思われるかもしれませんが、そうとは限りません。

つき合いのある人たちからの仕事を受けているだけで、たいした仕事はまわってこない、という人も多いでしょう。

「40代」になれば、この先どれくらい稼げそうか、生涯賃金も見えてきます。

そうなると、「どれだけ成功できそうか」あるいは「この仕事に向いていないなぁ」ということも、わかってきます。

これを冷静に分析することです。

自分の今の延長線上にある未来の、どこかのタイミングで、仕事には見切りをつけて、できるだけお金のかからないような生活に持っていくということもできるかもしれないし、より自分がやりたい方向に転職するということもできるでしょう。

いまが最後のチャンスとも言えます。

つまらない未来からワクワクする未来にシフトする方法を考えてみましょう。

 

本田 健

作家。神戸生まれ。経営コンサルタント、投資家を経て、現在は「お金と幸せ」をテーマにした講演会やセミナーを全国で開催。インターネットラジオ「本田健の人生相談」は5000万ダウンロードを記録。

31M0CrQVmbL.jpg

40代にとって大切な17のこと

本田 健/PHP研究所)

40代は人生の折返し地点であり、50代以降の指針が決まる大事な時期。仕事や家族、親などとの関係性の変化。さらに、コロナ禍によってこれまでのルールが変わりつつあり、多くの方が生き方に迷っているはず…。そんな40代どうを過ごせばいいのか? 人生の後半を素敵に迎えるためのヒントが詰まった一冊。

▶Amazon(単行本)
▶Amazon(電子書籍Kindle版)
▶楽天ブックス(単行本)
▶楽天ブックス(電子書籍Kobo版)
▶Renta!
▶コミックシーモア
▶ebookjapan
▶BookLive!
▶BOOK☆WALKER


離婚してもいいですか? 翔子の場合

夫がいても誰かを好きになっていいですか? アヤの選択

なんでも横取りする妹が嫌い.jpg

※この記事は『40代にとって大切な17のこと』(本田 健/PHP研究所)からの抜粋です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP