「整形しないと幸せになれない」中学卒業後、手術を受けさせられた私/親に整形させられた私が母になる

親の価値観を過剰に押し付け、子どもの行動や感情を支配する「過干渉」。母親から容姿や人間関係、進路などあらゆることを干渉され、息苦しさから心を病んでしまった女性が毒母から逃れて自分の幸せを見つけ出すまでを描いたコミックエッセイ『親に整形させられた私が母になる エリカの場合』(KADOKAWA)から、エピソードを厳選してお届けします。

※本記事はグラハム子著の書籍『親に整形させられた私が母になる エリカの場合』から一部抜粋・編集しました。
※この記事はセンシティブな内容を含みます。ご了承の上、お読みください。

「整形しないと幸せになれない」中学卒業後、手術を受けさせられた私/親に整形させられた私が母になる oyaniseikei_i-004-1.jpg

 

グラハム子

1980年代生まれ。武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒。公立中学校で美術教師として働いた後、結婚を機に退職し、現在は漫画家として活躍。SNSに投稿している育児漫画やエッセイ漫画が人気を集めている。著作に『女子校デイズ』、『美淑女戦隊オバサンジャー』(ともにKADOKAWA)がある。

51jpzyl1FXL.jpg

親に整形させられた私が母になる エリカの場合

グラハム子/KADOKAWA)

中学を卒業した春、私は母に言われて整形手術をしたーー。幼少期からの母親の過干渉で心を病んだエリカが、毒母の呪縛から逃れて幸せを手に入れるまでを綴った衝撃コミックエッセイ。

▶Amazon(単行本)
▶Amazon(電子書籍Kindle版)
▶楽天ブックス(単行本)
▶楽天ブックス(電子書籍Kobo版)
▶Renta!
▶コミックシーモア
▶ebookjapan
▶BookLive!
▶BOOK☆WALKER


離婚してもいいですか? 翔子の場合

夫がいても誰かを好きになっていいですか? アヤの選択

なんでも横取りする妹が嫌い.jpg

※この記事は『親に整形させられた私が母になる エリカの場合』(グラハム子/KADOKAWA)からの抜粋です。
PAGE TOP