愛らしい動物たちに注目! オルセー美術館所蔵のピエール・ボナールコレクションが一挙来日

03.jpgピエール・ボナール《猫と女性 あるいは 餌をねだる猫》1912年頃 油彩、カンヴァス 78×77.5cm オルセー美術館 © RMN-Grand Palais (musée d'Orsay) / Hervé Lewandowski / distributed by AMF

 

19世紀末から20世紀前半にかけてフランスで活躍した画家ピエール・ボナール。日本美術からの影響を感じさせる作品をはじめ、オルセー美術館所蔵のコレクションが一挙来日します!

19世紀末からフランスで活躍したピエール・ボナール(1867-1947年)は、ゴーギャンの影響のもとに結成されたナビ派の画家です。浮世絵の美学を積極的に取り入れ「日本かぶれのナビ」と呼ばれるほど日本美術に傾倒していたそうです。本展覧会にはオルセー美術館のボナール・コレクションが一挙来日。日本美術から影響を受けた作品も含め、さまざまなジャンルの作品を通して謎多き画家ボナールの魅力に迫ります。動物を愛し、猫と4匹の犬を飼っていたボナール。作品のあちこちに登場する動物たちに着目して鑑賞するのも一興です。

 

07.化粧室-あるいは-バラ色の化粧室.jpg

ピエール・ボナール《化粧室 あるいは バラ色の化粧室》1914-21年 油彩、カンヴァス 119.5×79cm オルセー美術館 © RMN-Grand Palais (musée d'Orsay) / Hervé Lewandowski / distributed by AMF


『オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展』

会期/9月26日(水)~12月17日(月)

会場/国立新美術館 企画展示室1E

住所/東京都港区六本木7-22-2

観覧料/一般1600円 他 電話/03-5777-8600(ハローダイヤル)

時間/10:00~18:00※ただし金曜・土曜は20:00まで、9月28日(金)、29日(土)は21:00まで(入場は閉館の30分前まで)

休館日/毎週火曜日

アクセス/東京メトロ千代田線「乃木坂駅」青山霊園方面改札6出口(美術館直結)、東京メトロ日比谷線「六本木駅」4a出口より徒歩約5分、都営地下鉄大江戸線「六本木駅」7出口より徒歩約4分

この記事に関連する「趣味」のキーワード

PAGE TOP