玉ねぎ健康法の真打ち! 玉ねぎ、黒糖、黒酢で作る黒玉ジャムで元気に!

kurodama.jpg


健康維持に欠かせない、玉ねぎ。出張先や旅先でも効果的にとる方法はないかしら? そんな声から、料理研究家人生50年の村上祥子さんが開発したのが「黒玉ジャム」です。

このジャムには、村上さんが考案した玉ねぎ氷や酢玉ねぎをさらに発展させたエッセンスが詰まっています。玉ねぎを日持ちするように煮つめて作ったもので、ひと口食べれば、きっとそのおいしさにびっくり。

料理に入れればうま味が増し、減塩に役立つほか、継続して使っていけば、血圧の低下、血糖値の改善、疲れにくい体...など、さまざまな健康効果を得ることができます。

毎日の料理に、今日から黒玉ジャムレシピを取り入れてみませんか。

前の記事「黒玉ジャムには玉ねぎ、黒酢、黒糖のトリプル効果が凝縮!」はこちら。




生活習慣病にも! こんな健康効果が期待できます

A9Rr7dwr4_hh0775_9i0.jpg


【腸内環境アップ】
玉ねぎには腸内環境を整えるオリゴ糖がたっぷり。玉ねぎに含まれる食物繊維、ペクチンは有害物質を吸着し、排出する作用があるのでダブルで腸内の環境改善に役立ちます。


【糖尿病の予防】
日本人の糖尿病の9割はインスリン不足かインスリンの効きが悪いことが原因です。黒玉ジャムはそれらをカバーするのに効果的。

玉ねぎと黒酢の作用で、血液をサラサラにし、玉ねぎに含まれる作用がビタミンB1 と結合してアリチアミンという物質になり、インスリンの分泌を助けます。玉ねぎの色素成分であるフラボノイドも、インスリンの分泌を助けます。糖尿病の方は毎食大さじ1の黒玉ジャムをとることで、効果を実感される場合が多いです。


【高血圧の予防】
玉ねぎに含まれるケルセチンには、血栓を溶かす働きがあります。血流がよくなり、高血圧を改善するので、血液が体の隅々まで届きます。

また、玉ねぎに含まれるイソアリインなどの硫化アリルには、血液の粘度を下げ、ドロドロ血液をサラサラ血液に改善する働きが。イソアリインには血管を広げ、しなやかで弾力のある血管を保つ働きもあります。黒糖のカリウムはナトリウムの排出を促します。


【がん予防の可能性】
米国立がん研究所が、がんを予防する可能性がある食品を約40種類取り上げた「デザイナーフーズ・プログラム」と呼ばれる図があります。

抗がん作用を持つ成分がいくつも含まれる玉ねぎは、第2段階に属しています。玉ねぎをギュッと濃縮した黒玉ジャムなら、より効率よく免疫力アップが期待できます。


【冷え性・むくみの改善】
フラボノイドの一種、ケルセチンは玉ねぎに含まれる黄色い色素成分です。とても強い抗酸化作用があり、老化防止に役立つだけでなく、血行をよくする働きもあるので、冷えやむくみを改善します。


【アンチエイジング】
肌は約4週間の周期で、新しく生まれ変わります。ただ、年齢を重ねるに従い、徐々にその周期は長くなり、不規則になります。玉ねぎに含まれるイソアリインはビタミンB群(ビタミンB1、B2、B6、B12)を助けて栄養素の消化吸収のために働き、皮膚の新陳代謝を活性化し、肌の弾力を取り戻します。また、玉ねぎに含まれるグルタチオンは美容液に使われるほど、美白効果のある成分です。

次の記事「大さじ1杯で血液サラサラ! 黒玉ジャムの作り方」はこちら。

<教えてくれた人>
村上祥子(むらかみ・さちこ)さん
料理研究家・管理栄養士。1942年、福岡生まれ。公立大学法人福岡女子大学国際文理学部・食・健康学科客員教授。食材の持つ力で健康寿命の延伸を図る研究に関与する同大学にある「村上祥子料理研究資料文庫」で50万点の資料が一般公開されている。
この記事は『毎日が発見』2017年7月号に掲載の情報です。
PAGE TOP