黒玉ジャムには玉ねぎ、黒酢、黒糖のトリプル効果が凝縮!

pixta_24165727_M.gif

玉ねぎ、黒糖、黒酢を煮詰めて作る黒玉ジャム。玉ねぎは毒出しや便秘解消、黒酢には疲労回復、黒糖にはミネラル補給など、それぞれの材料には健康を増進する効果が詰まっています。


【玉ねぎ】

pixta_14803279_S.jpg

●ペクチンで毒出し
ペクチンという食物繊維が豊富です。体内の有害金属や発がん物質などの有害物質を吸着して排出し、優れた"毒出し"効果を発揮します。

●オリゴ糖で便秘改善
オリゴ糖を多く含み、腸内の善玉菌のえさとなって善玉菌を増やし、腸内環境をよくします。便秘解消の強い味方です。

●グルタチオンで血管がしなやかに
グルタチオンはアミノ酸の一種で抗酸化作用が強く、血管の内壁に付く脂肪を分解し、血管がしなやかになり血流がよくなります。

●カリウムで高血圧予防
豊富なカリウムが余分なナトリウムの排出を促して高血圧を予防します。また、尿の出をよくするので、むくみ解消にも効果的です。

●イソアリインで血液サラサラ
硫化アリルの一種、イソアリインが血液をサラサラにしたり、血液中の脂質を減らしてコレステロール値を下げる働きがあります。

●セレンで免疫力アップ
ミネラルの一種、セレンは活性酸素を無毒化する強い抗酸化作用があり、免疫力を高めます。また、肩こり、腰痛、冷え性の改善にも働きます。

●ケルセチンで老化防止
フラボノイドの一種、ケルセチンは強い抗酸化作用があり、老化を防ぐ働きがあります。また、血行をよくして高血圧や動脈硬化を予防します。



【黒酢】

A9Rg2pxhn_6x21v_frk.gif

●高血圧、高コレステロール、高血糖を改善
高血圧、脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病の予防・改善に、黒酢がとても有効に働くことが実証されています。これまでの研究で、1日に大さじ1杯(15mℓの黒酢を6週間とり続けると血圧やコレステロールが低下することが分かっています。

●疲労回復を早める
豊富に含まれる酢酸は、脂肪や糖分をエネルギーに変える「クエン酸回路」を活発にし、疲労回復を早め、脂肪の分解も促されます。

●アミノ酸でダイエット&美肌に
脂肪の燃焼を助けるアミノ酸が豊富で、脂肪の蓄積を防ぐ作用もあります。また、肌の新陳代謝をよくして、美肌作りにも効果を発揮します。


【黒糖】

A9R1k2lm4a_6x21x_frk.gif

●ミネラルを補給
精製されていない黒糖は、精製された上白糖に比べ、カルシウムやマグネシウム、鉄などのミネラルが豊富です。ダイエット中の方は食事量を減らすとミネラルが不足になりがちですが、黒糖を上手に取り入れると補うことができます。

●コクとうま味をプラス
精製されていない黒糖にはうま味成分がたっぷり。料理でもコクを出すためによく使われますが、煮物などだけでなく、ジャム作りにも活用すれば黒糖ならではの深みのあるうま味が加わります。

次の記事「玉ねぎ健康法の真打ち! 玉ねぎ、黒糖、黒酢で作る黒玉ジャムで元気に!」はこちら。

<教えてくれた人>
村上祥子(むらかみ・さちこ)さん
料理研究家・管理栄養士。1942年、福岡生まれ。公立大学法人福岡女子大学国際文理学部・食・健康学科客員教授。食材の持つ力で健康寿命の延伸を図る研究に関与する同大学にある「村上祥子料理研究資料文庫」で50万点の資料が一般公開されている。
この記事は『毎日が発見』2017年7月号に掲載の情報です。
PAGE TOP