人気精神科医が伝授する「ひとり暮らしを楽しむ準備」(2)心がイライラした時の解消法

pixta_14693734_S.jpg

現役を退いたり、家族構成が変わったり、50代60代は変化にさらされる時期にあります。心の健康を保つには健やかな体が必要です。そのためには規則正しい生活が第一。でもイライラしたらどうすればよいのでしょう。そんなときに肩の力を抜く方法を、人気精神科医の保坂 隆先生が教えてくれました。

前編:「人気精神科医が伝授する「ひとり暮らしを楽しむ準備」(1)年1回「エンディングノート」を書きましょう」はこちら。

1.書き出して破る
不平や不満、怒りをためると、気持ちは落ち込んでしまいます。そんなときは嫌な感情を紙に書き出してビリビリと破り"物理的にゴミ箱に捨て"て、気持ちをリセットしましょう。

2.いい香りをかぐ
五感の中で嗅覚だけが、脳内で情感をつかさどる大脳辺縁系の扁桃体という部分に直接つながっています。香りは扁桃体を活性化するので、気持ちを鎮めたり情感を豊かに保つのに効果的です。お香やアロマオイルなどを楽しみましょう。

3.カラオケで歌う
緊張感、高揚感、満足感を短時間で味わえるカラオケは、自律神経の働きが活発になり、ストレス発散に役立ちます。

  

<教えてくれた人>
保坂 隆(ほさか・たかし)先生

1952年生まれ。医学博士。2017年7月まで聖路加国際病院リエゾンセンター長、同精神腫瘍科部長。専門は精神医学、心身医学など。『心が軽くなる「老後の整理術」』(PHP文庫)など著書多数。

この記事は『毎日が発見』2017年8月号に掲載の情報です。
友だちに教える
この記事が気に入ったらいいね!しよう
毎日が発見の最新記事をお届けします。
PAGE TOP
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット