生まれて初めて!? あの毒母がお金を出した!/孤独死しないためのおひとりさまサバイバル術(8)

アラフォーにして「きっともうこのまま一生結婚はしないだろうな...」と覚悟を決めた作者。健康、お金、介護の備え...女がガチで一人で生きていくための武器とは!? 孤独死したくないすべての人に贈るサバイバル・エッセイ『孤独死しないためのおひとりさまサバイバル術』(竹書房)より、共感必至のエピソードを連載形式でお届けします。

【前回】アラフォーが集まると始まる「婦人科系トーク」/孤独死しないためのおひとりさまサバイバル術(6)

【最初から読む】37歳独身「そいつ」はいつの間にか私のそばに.../孤独死しないためのおひとりさまサバイバル術(1)

8−1.jpeg

【続きを読む】

 

高嶋あがさ
家にゴミを溜め込む実母との闘いを描いた「母は汚屋敷住人」で注目を集める。他に「母を片づけたい~汚屋敷で育った私の自分育て直し~」、「クレイジーキャッツとマッドファミリー」など。

孤独死.jpeg

『孤独死しないためのおひとりさまサバイバル術』

(高嶋あがさ/竹書房)

毒親育ちで一生独身を覚悟したアラフォー作者が、お金・健康・親の介護・仲間など、「女がガチで一人で生きていくための武器」を手に入れていくまでを描くコミックエッセイ。

※この記事は『孤独死しないためのおひとりさまサバイバル術 』(高嶋あがさ /竹書房)からの抜粋です。
PAGE TOP