新しいお墓?納骨堂?墓じまいを決意したものの、選択肢の多さにびっくり

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:はるな
性別:女
年齢:56
プロフィール:自宅から1時間半かかる所にあるお墓の墓じまいを決断。しかし、その後はどうするか、とてもとても悩んでいます。

7.jpg

自宅から車で1時間半かかる所に、祖父が生前建てた先祖のお墓があります。しかし、私も高齢者になるとそう簡単にもお墓参りに行くこともできないと思い、2年位前から墓じまいし、近辺にお墓か納骨堂を購入しようと検討していました。

そんなとき、88歳の実母が急遽入院。母が元気なうちに墓じまいし、新しい納骨先を確保して母を安心させてあげようと、実行を決心しました。

そうなると、祖父母や父のお骨の移動先を考えなければなりません。お墓か納骨堂と思っていましたが、将来は永代供養も考えないといけないので、そうなると選択肢は単純なものではありませんでした。

まず、檀家のお寺を訪ね、墓じまいとその後の相談をしたら、3つの選択肢を提示されました。1つは納骨堂。永代供養の費用を別途支払えば、納骨堂が何かでなくならない限りは、いつまでもここで供養してくれるそうです。2つ目はお墓。しかし、お墓は、誰もお世話をする人がいなくなれば、自動的に墓じまいになるとのこと。3つ目は、永代供養付きの共同碑にお骨を納める方法。1体5万円と価格もリーズナブル。しかし入って6年経てば、お骨はほかの誰とも知らない人のお骨に混ざってしまうというものです。

この中でお墓は、永代供養とはならないので、私の中ではありえないと思いました。

次に、霊園を2カ所程尋ねました。こちらもいろいろ選択肢がありました。

まず1カ所目の霊園にも2つ方法があり、1つ目は永代供養付きだけど4体しか入れない、2つ目は何体でも入れるけど、永代供養は付いていないとのこと。しかし、別途管理費を支払えれば永遠に管理してくれ、お墓がなくなることはないといわれました。

2カ所目の霊園は、何体も入れて永代供養も付いているという、私にとっては最も好条件です。しかし、自宅から車で40分位かかるのが気になります。


少し調べただけで、これだけたくさんの選択肢があることにびっくりしています。

これから母や私が入ることを考えると4体と限られても困るし、何よりも大切なのは永代供養だと私は思っています。

最近テレビでは、宇宙葬や樹木葬、また、海へ散骨するなど、お墓を設けない形も話題になっています。私も、6、7年位前は、死んでしまったらどうせ分からないのだから、死んだ後はどうなろうともいいやとは思っていましたが、いざ決めるとなると、そう単純なものでもありません。こんなにお墓について考えたのは初めてです。

小さい頃は、お墓や納骨堂以外の選択はなかったし、それが昔からの在り方でしたので、何の疑問もありませんでしたが、今はお葬式や納骨の在り方も様々です。亡くなったあと、この世に戻った人はいませんので、どうするのがベストかなどは知るすべもありません。ただ今は、生きている人が、自分の納骨を自分の価値観で自由に決められる時代。跡形もなくきれいさっぱり消えてゆくのもいいのかもと思ったり、迷うばかりです。

そんなとき、テレビで亡くなった有名人のニュースを目にして、有名な方は亡くなっても何らかの形で、世に名を残せるものなのだなあと思いました。多分、祖父母や父母、私などは、何十年も過ぎれば親類にも忘れられるでしょう。そう思うとお墓を建て、先祖の名前を刻み、生きた痕跡を残してあげるのも先祖に対する努めなのかなと思い、お墓がいいのかなと思うようになりました。

今の時代でも先祖があるから私が今ここにいるのだと思うと、同じお墓でこの世にひっそりと名を残すのもいいものかもしれないと、今は思っています。

関連記事:墓を継ぐ人、墓じまい、改葬。 今さら聞けない気になる墓のQ&A

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

週3日、LINEでオススメ記事が届く!

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP