「実はね、浮気してるの」とドヤ顔のママ友。不倫相手は娘の担任の先生で...!?【漫画】

「久しぶりに会ったママ友と懐かしい話で盛り上がったのですが、不意に彼女から不倫を打ち明けられました。深刻な悩みなのかと思ったら、言葉の端々に自慢が入っていて...」

親や夫、子ども、友人に職場の同僚、ご近所さん...。アラフィフ女性を中心に、みなさんから寄せられた人間関係の「モヤモヤ」「スカッと」「泣ける」実体験エピソードを、過去の人気記事をもとにして漫画で再構成しました。この時、あなたならどうしますか?

「実はね、浮気してるの」とドヤ顔のママ友。不倫相手は娘の担任の先生で...!?【漫画】 351_001.png

「実はね、浮気してるの」とドヤ顔のママ友。不倫相手は娘の担任の先生で...!?【漫画】 351_002.png

そう聞いた私は、しばらく開いた口がふさがりませんでした。

そのママ友には子どもが2人いて、下の子(13歳、中学2年生)の担任の先生と特別な関係になったのだとか。

「今はね、デートが楽しみで楽しみで仕方がないの。先生と付き合うようになってから美容とか健康にもすごく気を使うようになったし、家族にも優しくできているのよ」

「私ね、今の自分にすっごく満足してるの! でも同時に怖いのよ。いつかバレたらどうしようって...不安で眠れない日もあるし。特にね、上の娘は勘が鋭いからもう薄々感づいているかもしれない」

そう言ってママ友は心配そうな表情を浮かべていました。

それから2週間くらい経って彼女からLINEが来ました。

どうやら娘さんに「最近ママ急にきれいになったね。なんかあやしいー」と言われたらしく「どう思う? どうしたらいい?」と私に聞いてくるのです。

「人の不倫には立ち入りたくないです」と書いてその後は既読スルーをしていましたが、相談は止まりません。

「誰にも言えないことだから!」

「相談できる人がほかにいないの!」

そんな理由でしつこくLINEを送ってきます。

しかもその合間にラブラブな雰囲気の手をつないだ写真が送られてくることも...すっごくモヤモヤします!

若いイケメンと付き合っている私ってすごいでしょ? 20歳も年下の男を魅了した私ってモテるでしょ? とモテ自慢をしたいのでしょう。

彼女の子どもたちを思うなら不倫をやめるように説得すべきだと思いますが、いつかバレて痛い目をみたらいいのに! という黒い気持ちも捨てきれない今日この頃です。

漫画:FJosa/原案:「毎日が発見ネット」みなさんの体験記

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP