ゴミ袋の中身を晒すなんて...ご近所の「分別魔人」による過剰な監視に耐えられない【漫画】

夫の浮気や嫁姑問題、面倒なママ友、ご近所付き合い...。私たちの生活には、人間関係のトラブルがつきものです。そこでアラフィフ女性を中心に、みなさんから寄せられた人間関係の「モヤモヤ」「スカッと」「泣ける」エピソードをコミカライズ! 今回は過去に好評だった人気作を、期間限定で再掲載します。

■ゴミの分別を間違えたら...恐ろしすぎる「罰」が待っている!

「ゴミの分別はきちんとやるべき。それは分かっているのですが、私が住む地域には、つい分別を間違えると、ある恐ろしい人物が登場するんです」

ゴミ袋の中身を晒すなんて...ご近所の「分別魔人」による過剰な監視に耐えられない【漫画】 毎日が発見ネット11月_001.jpgゴミ袋の中身を晒すなんて...ご近所の「分別魔人」による過剰な監視に耐えられない【漫画】 毎日が発見ネット11月_002.jpgゴミ袋の中身を晒すなんて...ご近所の「分別魔人」による過剰な監視に耐えられない【漫画】 毎日が発見ネット11月_003.jpgゴミ袋の中身を晒すなんて...ご近所の「分別魔人」による過剰な監視に耐えられない【漫画】 毎日が発見ネット11月_004.jpg

「ねえ、また『分別魔人』がやってたわねえ」

しばらくたってゴミ出しをしてきた妻(56歳)があきれた様子で教えてくれました。

先日の迷惑ゴミが連続写真になったようです。

「ゴミ置き場をきちんと管理したい気持ちはわかるけどねえ、ある意味でプライバシーの侵害よね、要するに」

「分別魔人」は地域住民が彼女につけたあだ名です。

嫌な思いをした人は1人や2人ではないのですが、文句を言う勇者はなかなか現れません。

この一点を除けば地域のゴミ拾いなども率先して取り組んだり、婦人会の役員を熱心に務めたりする方なので、お互い嫌な思いはしたくないからでしょう。

「悪い人じゃないとは思うんだけどなあ、どうしてごみの分別に関してはああ強烈なのかね?」

「婦人会の集まりとかで話してみたこともあるけど、なんかゴミを分別しないと地球温暖化につながるとか、結構熱く語られちゃったわよ」

「信念ある暴挙ってことかあ...」

「まあ、ちゃんとゴミ出ししてればいいって話なんでしょうけどね...」

我が家も勇者にはなれそうもありませんが、なんとも角が立つやり方にモヤモヤは募るばかりです。

漫画:ヤドカリコ/原案:「毎日が発見ネット」みなさんの体験記

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

漫画:ヤドカリコ
Twitter:@yadokarikodayo

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP