「今すぐ来てくれ!」疎遠になっていた父からの電話。寡黙な父の「素顔」が見えた事件【漫画】

夫の浮気や嫁姑問題、面倒なママ友、ご近所付き合い...。私たちの生活には、人間関係のトラブルがつきものです。そこでアラフィフ女性を中心に、みなさんから寄せられた人間関係の「モヤモヤ」「スカッと」「泣ける」エピソードをコミカライズ! 今回は過去に好評だった人気作を、期間限定で再掲載します。

■複雑な父娘関係。疎遠になっていたけれど...父親の「素顔」にほっこり

「無口で不愛想な父は私にとって昔から少し怖い存在でした。そんな父の本心を知ることができた『ある事件』を今でも忘れられません。」

「今すぐ来てくれ!」疎遠になっていた父からの電話。寡黙な父の「素顔」が見えた事件【漫画】 54kansei_001.png「今すぐ来てくれ!」疎遠になっていた父からの電話。寡黙な父の「素顔」が見えた事件【漫画】 54kansei_002.png「今すぐ来てくれ!」疎遠になっていた父からの電話。寡黙な父の「素顔」が見えた事件【漫画】 54kansei_003.png「今すぐ来てくれ!」疎遠になっていた父からの電話。寡黙な父の「素顔」が見えた事件【漫画】 54kansei_004.png

電話を切ったあと、自分の予定を確認した私。

富山県か...行けなくはない。

だけどすごい距離だな...と、改めて思いました。

そして、もし私たちが行けず、車で移動できなかったら、荷物もあるだろうに、父は母をおんぶして九州まで帰るつもりなのか...。

すごいと思いつつ、車椅子レンタルがないのかなど調べました。

そして翌日、昼前になっても父から連絡が来ません。

なにか大変なことになっている!? と不安になり、父の携帯電話を鳴らしても、母の携帯電話を鳴らしても、電話に出ません。

ますます不安になった昼過ぎ...ようやく父から電話がありました。

「連絡とれないから心配してたんだよ!」

「いやーそれが...。お母さん大丈夫だった」

「え??」

「ちょっと待って、お母さんに代わる」

「もしもし? ごめんね大騒ぎしちゃって。昨日あれだけ痛くて歩けなかったのに、今朝痛みがひいて歩けるようになったのよ〜」

「え? そ、そうなんだ。よかったね」

「昨日温泉入れなかったけど朝入って、みんなで朝ごはんも食べたのよ。さっき宿チェックアウトしたの。あ、お父さんがちょっと代わってって」

「う、うん」

「(小声で)昨日お父さんが話したことは、お母さんに言わないでいいから」

「あれだけ心配してたんだから、言ったらお母さん喜ぶのに」

「いいから。じゃあね」

その後二人は、福岡へと無事帰宅し、結果的に楽しい旅になったようです。

それにしても...。

普段は寡黙な父。

あんなに動揺している父は初めてで、ちょっとかわいいとこあるな、と思ってしまいました。

「結婚してから一度も感謝されたことがない」

母がそうボヤいていたことが何度かあるので、父があれだけ動揺して「車ですぐ迎えに来い」と言ったこと、おんぶして帰ろうとしたこと、それを母に伝えたら喜ぶと思います。

なので、いつかこっそり、父には内緒で母に話そう...と密かに考えています。

久しぶりに実家に帰ろうかなとも、思った出来事でした。

漫画:とんちきくま/原案:「毎日が発見ネット」みなさんの体験記

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP