ツンデレ義母に振り回された年末年始。義実家への「帰省ストレス」で疲れ果てました【漫画】

「年末年始に義実家へ帰省したのですが、正直とても疲れました。なぜなら義母が厄介な性格だから。『今年の正月は1人で過ごしたい』なんてメッセージを送ってきたのに、いざ帰省してみると...」

親や夫、子ども、友人に職場の同僚、ご近所さん...。アラフィフ女性を中心に、みなさんから寄せられた人間関係の「モヤモヤ」「スカッと」「泣ける」実体験エピソードを、過去の人気記事をもとにして漫画で再構成しました。この時、あなたならどうしますか?

ツンデレ義母に振り回された年末年始。義実家への「帰省ストレス」で疲れ果てました【漫画】 義実家で正月.png

夫(53歳)と、成人している3人の子どもとの5人家族です。

車で1時間ほど離れたところに住む義母(78歳)は、義父の死後、約10年一人暮らしです。

年末年始は義母宅で過ごすのが習わしになっていますが、2020年末はコロナ禍で来ないでほしいという義母に従い別々に過ごしました。

2021年末は行く予定にしていましたが、義母からは早々に「来るな」というメッセージが家族のLINEに届きました。

「嫌よ嫌よも好きのうち」と言いますが、昔から義母は言うことと思っていることが裏腹なところがあるのです。

「正月は一人で静かに過ごしたい」

という内容のLINEが私にも子どもにもしつこいくらい届きます。

「そんなこと言わずにみんなで賑やかに過ごそうよ」

いつもそう返していたのですが、もしや本当に来てほしくないのかもと夫に言うと、その場で電話をして、あっさりと「来てもいい」との返事をもらいました。

チッ、またかよ、と心の中で舌打ちをする私。

義母は何かにつけてこんな感じなのです。

そして、行く日が近づくと...。

「今年は何もしたくないから何も作らないよ。食べるものは何も用意しないから、そちらで食べたいものを準備して持って来て」

こんな内容のLINEがこれまた頻繁に届きます。

そもそもそのつもりでいたので、あらかじめ作れるものは作り、義母宅で調理するものは材料を買って、かなりの量の食材を車に載せて5人で向かいました。

しかし、義母宅に到着して目を疑いました。

ツンデレ義母に振り回された年末年始。義実家への「帰省ストレス」で疲れ果てました【漫画】 No299_「何も準備しないよ!」と言いつつ_003.jpg

ツンデレ義母に振り回された年末年始。義実家への「帰省ストレス」で疲れ果てました【漫画】 No299_「何も準備しないよ!」と言いつつ_004.jpg

漫画:にーや/原案:「毎日が発見ネット」みなさんの体験記

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

漫画:にーや
Instagram:@yekouhui

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP