「お宅は安い肉が多いから~」と笑う義母。義実家の「歪んだ食育」のせいで息子まで...【漫画】

親や夫、子ども、友人に職場の同僚、ご近所さん...。アラフィフ女性を中心に、みなさんから寄せられた人間関係の「モヤモヤ」「スカッと」「泣ける」実体験エピソードを、過去の人気記事をもとにして漫画で再構成しました。この時、あなたならどうしますか?

「お宅は安い肉が多いから~」と笑う義母。義実家の「歪んだ食育」のせいで息子まで...【漫画】 義母の冷笑.png

我が家の食費は夫と息子のお弁当代、お茶代、夫の仕事合間のお菓子代含め月10万円です。

高すぎると思います。

原因は息子が高校3年生になり食べる量が異常に増えたこと、野菜価格の高騰、毎日食後に飲むヨーグルトを飲むといった習慣などのせいもあります。

しかし一番の原因は、我が家独特のルールのせいだと思っています。

そのルールとは「家族の好き嫌いを考慮した食事を作る」ということです。

夫も息子も好き嫌いが多く、さらに夫と息子の食事の好みは全く違います。

これを考慮した料理を用意するのがとても大変なのです。

夫が嫌いな食べ物は、チーズ、唐揚げ以外の鶏肉、とんかつ以外の豚肉、クリームシチュー、納豆やめかぶなどのネバネバ系、ホタテなどの貝類。

そして安い牛肉(霜降り肉のみ食べられる)、豚肉(ブランド豚肉のみ食べられるのですが)です。

息子は、寿司以外の魚料理は嫌い(寿司ならほとんどの魚が食べられる)、ご飯も酢飯以外は苦手、でもちらし寿司は食べられない、唐揚げや豚カツはデパ地下以外は食べられない。

野菜はキュウリとキャベツ以外苦手です。

「好き嫌いはしない。作ってもらったものは文句を言わずに食べること」

私の実家ではこれが絶対的なルールだったので、初めはとても戸惑いました。

しかし夫は嫌いなものは出されても絶対に食べないのです。

どうにかならないかと困って、義母に相談したところ、夫の実家での食事は我が家どころではありませんでした。

舅、姑、夫、義弟が別々のメニューを食べていたというのです。

舅は肉類すべてが嫌いで作るだけでも罵倒されるため、絶対に肉料理は作らなかったようです。

もしも肉が食べたかったら、息子たち用に霜降り肉を買ってきて料理したのだとか。

義母はドヤ顔で自慢するだけで話になりません。

「お宅は安い肉が多いから~」と笑う義母。義実家の「歪んだ食育」のせいで息子まで...【漫画】 No322_「お宅は安い肉が多いから」と義母。_003.jpg

「お宅は安い肉が多いから~」と笑う義母。義実家の「歪んだ食育」のせいで息子まで...【漫画】 No322_「お宅は安い肉が多いから」と義母。_004.jpg

漫画:にーや/原案:「毎日が発見ネット」みなさんの体験記

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

漫画:にーや
Instagram:@yekouhui

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP