「架空請求がきたのよ~」とお騒がせ義母。新しいもの好きはいいけど、正直迷惑です...【漫画】

「義母はなかなか厄介な人です。新しいものに手を出す好奇心は立派だけど、それが原因で私たち家族を振り回すのです...。何かあるたびに呼び出されうんざりしていたところ、今度は『架空請求が来たの』と言い出して...」

親や夫、子ども、友人に職場の同僚、ご近所さん...。アラフィフ女性を中心に、みなさんから寄せられた人間関係の「モヤモヤ」「スカッと」「泣ける」実体験エピソードを、過去の人気記事をもとにして漫画で再構成しました。この時、あなたならどうしますか?

「架空請求がきたのよ~」とお騒がせ義母。新しいもの好きはいいけど、正直迷惑です...【漫画】 迷惑な義母.png

今年70歳になった義母は、若い頃から新しい物好きで今も色々なことにチャレンジし続けています。

知り合いからは「若々しいお義母さんでうらやましいですね」とよく言われるのですが、私たち夫婦は、義母の起こすトラブルにしょっちゅう振り回されてうんざりしています...。

妻によると義母は昔から機械オンチのくせに、最新の家電製品を人が買ったと聞くと、自分も買わないと気がすまなくなるような困った人なのだそうです。

そして、買ったものの使い方がわからず直感で触るので、しょっちゅうトラブルを起こしたり、最悪の場合は機械を壊してしまうことも...。

それは最近になっても全く変わらず、7年前に義父を亡くしてからはトラブル対応を私たち夫婦が引き受けることになってしまいました。

数年前に妻がスマホの機種変更を行うとき、義母は自分も一緒に携帯ショップについていき、店員さんがシニア向けの携帯を勧めるのも聞き入れず、最新スマホを購入しました。

しかし、いつものように使い方が全くわからずにあちこち触りまわるので、頻繁に故障やトラブルを引き起こし、その都度妻や私にSOSを要請。

一時は毎週のようにトラブル解決のために義母宅に駆けつけていました...。

しかし、2年ほどすると、義母も少しはスマホを使いこなせるようになり、ようやく我が家にも平穏な日々が訪れるようになったのですが...。

「架空請求がきたのよ~」とお騒がせ義母。新しいもの好きはいいけど、正直迷惑です...【漫画】 31-3.png

「架空請求がきたのよ~」とお騒がせ義母。新しいもの好きはいいけど、正直迷惑です...【漫画】 31-4.png

漫画:ようみん/原案:「毎日が発見ネット」みなさんの体験記

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP