流産した私に「子どものこと語って」。親友だと思っていた女性は無神経モンスターでした【漫画】

「18年前、引っ越し先で知り合ったA子(34歳)。年齢が近くて話も合い、見知らぬ土地で新しい友人ができたことを喜んでいました。しかしある日、彼女が言ってきたある言葉で、私たちの関係は終わりました。A子は何の悪気もなく言ったことでしたが、当時の私にとっては血の気が引くほどショックで、震えるほどの怒りを感じる言葉でした。」

親や夫、子ども、友人に職場の同僚、ご近所さん...。アラフィフ女性を中心に、みなさんから寄せられた人間関係の「モヤモヤ」「スカッと」「泣ける」実体験エピソードを、過去の人気記事をもとにして漫画で再構成しました。この時、あなたならどうしますか?

流産した私に「子どものこと語って」。親友だと思っていた女性は無神経モンスターでした【漫画】 1.png

流産した私に「子どものこと語って」。親友だと思っていた女性は無神経モンスターでした【漫画】 2.png

夕方、仕事から帰宅した夫に事情を話すと、夫は私の話を静かに聞いてくれました。

「どうして彼女がそんなことを言ったのかは分からないけれど、辛かったね」

夫の穏やかな言葉に少し救われました。

翌日、夫が帰宅して突然「今朝、A子に電話した」と言うのです。

相談せず勝手にごめん、と言ってから夫は何を話したのか教えてくれました。

「あなたの電話は非常識で、まして今、妻が生徒たちに妊娠中の話などできるわけがない。妻はあなたの電話にすごく悲しんでいる」

自分で言いたくて言えなかったことを、夫が私の代わりに言ってくれたことはうれしいと思いました。

でも、彼女が気を悪くしていないかと不安にもなりましたが、そんな気遣いは無用でした。

その翌朝、A子から電話があったのです。

「そんなに傷つくとは思わなかった、悪かったね」

「でもさ、誰か探さないといけないのに他に心当たりがなくて。そんなに深い意味はなかったけどね」

私はただ呆れて、早々に電話を切りました。

「そうだよね。身近に妊婦さんなんか、なかなかいないよね」

そう同調してもらえるとでも思ったのでしょうか。 

さらにその日の夕方、A子の夫(38歳)が訪ねて来ました。

私は、彼とも友人関係だったので「どうしたの?」と聞くと「昨日はA子がひどいことを言って申し訳ない」と言うのです。

彼はA子に「ちょっと行ってきて!」と言われて来たと言いました。

自分では来ずに自分の夫に謝罪させるなんて...A子にますます呆れました。

また彼は、こういうことは初めてではないとも言い、少し気の毒に感じました。

彼が帰った後「どうしてA子が来ないの?」と聞けずに後悔している自分が嫌になりました。

私はA子の謝罪の電話を受けたとき、私の心に寄り添って少しは考えてくれたのかと思いましたが、それは大きな間違いでした。

気持ちのない「悪かった」は心に響きません。

彼女は言い訳を並べて自分の正当性を主張し、挙句に自分の夫を派遣する自分勝手な人でした。

A子は、なぜ私が傷ついたのかが分かっていない、そこが一番大切なことなのに...大好きな友人だったので本当に残念でなりません。

漫画:おかまき/原案:「毎日が発見ネット」みなさんの体験記

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

漫画:おかまき
Instagram: @hidexmaki

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP