「お父さん、ごめんね」作業着姿の父を恥じて...。寂しそうな背中が忘れられない【漫画】

夫の浮気や嫁姑問題、面倒なママ友、ご近所付き合い...。私たちの生活には、人間関係のトラブルがつきものです。そこでアラフィフ女性を中心に、みなさんから寄せられた人間関係の「モヤモヤ」「スカッと」「泣ける」エピソードをコミカライズ! 今回は過去に好評だった人気作を、期間限定で再掲載します。

■難しい父娘の関係性。嫌いではないけど恥ずかしくて...

「私たち家族のために、作業着姿で一生懸命働いてくれていた父親。でも幼い私は、他のお父さんたちのようにスーツを着ていない父が恥ずかしくて、ついあんな態度をとってしまったんです。あの時の父の寂しそうな姿は、今でも忘れられません」

「お父さん、ごめんね」作業着姿の父を恥じて...。寂しそうな背中が忘れられない【漫画】 #20-1.png

「お父さん、ごめんね」作業着姿の父を恥じて...。寂しそうな背中が忘れられない【漫画】 #20-2.png「お父さん、ごめんね」作業着姿の父を恥じて...。寂しそうな背中が忘れられない【漫画】 #20-3.png

振り返ったら父はきっといつもの笑顔を見せてくれる、そう分かっていても私は目を合わせるどころか、振り返りもしませんでした。

せめてスーツなら良かったのに、作業着で来たことも恥ずかしかったのです。

「どうしてパパが来たの? ママに来て欲しかった! パパが来ている子なんていなかったよ!」

家に帰り、私は母に半泣きになりながら訴えました。

「ごめんなあ。いったん仕事に出たんだが、雨で仕事が無くなったんだ。家に戻ると今日は参観日だと聞いて、こんな時しか行けないし、急げば間に合うと思って走って行ったんだ。ママと一緒に行けば良かったかなあ」

涙を浮かべた私に、父は寂しそうに言いました。

そんな父の姿に、これ以上何か言うと泣き出してしまいそうで、黙ってその場を離れました。

しばらくはなんとなく気まずくて、父との会話もギクシャクしていました。

決して父のことが嫌いなわけではなく、ただ他の子と違うことが恥ずかしくて、そして父の作業着にも恥ずかしさを感じ、心ない言葉を言ってしまった幼い私。

中学生や高校生の頃も、友人が家に遊びに来た時に作業着姿の父がいると、友人に会わせたくない気持ちになったものです。

幼いながら、そのことを申し訳ないと感じてしまう自責の念もありました。

けれど、大人になり、父の仕事に対する真面目な姿勢や、その仕事の大切さを知り、幼い日に感じた恥ずかしさは尊敬に変わりました。

なぜあんな風に思っていたのだろうと、今度は自分が恥ずかしくなりました。

もし、父が生きていたなら、私の子どもの参観日に一緒に行って欲しかった。

誇らしげな作業着姿で。

漫画:佐々木ひさ枝/原案:「毎日が発見ネット」みなさんの体験記

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP