「妻よ、許してくれ...」 号泣するモラハラ夫。喧嘩のたびに「離婚」をちらつかせる夫に反撃!【漫画】

「48歳の夫は自分の意のままにならないことがあると、すぐに『離婚だ』と言い出す人でした。そうすれば、私が言うことを聞くと思っていたのでしょうね。スルーしていましたが息子の進路を夫が勝手に決めようとしたとき、私はプチンと切れてしまいました。私が離婚を怖がっているとでも? その認識、間違いだと気づいてもらいましょう」

親や夫、子ども、友人に職場の同僚、ご近所さん...。アラフィフ女性を中心に、みなさんから寄せられた人間関係の「モヤモヤ」「スカッと」「泣ける」実体験エピソードを、過去の人気記事をもとにして漫画で再構成しました。この時、あなたならどうしますか?

「妻よ、許してくれ...」 号泣するモラハラ夫。喧嘩のたびに「離婚」をちらつかせる夫に反撃!【漫画】 suum.png

46歳の主婦です。

夫(48歳)は何かにつけて「できなかったら離婚だ」などという人で、頭を悩ませていました。

現在も住んでいる町に引っ越してきたのは十数年前のこと。

私は田舎の出身で、高校や大学進学で友人と離れたり、通学に何時間もかかったりして苦労したので、自分の息子にはどんな学校を選んでも負担をかけたくなくて、交通の便もいいこの町に住み始めました。

しかし数年後、私の気持ちを夫が踏みにじったのです。

「学校は自分の母校に進め! そうじゃないと学費を出さない」

夫は息子の志望校を決めるとき、こんなことを言いだしました。

しかし、息子は自分が行きたい学校があることを、以前から話してくれていました。

私は息子の意思を尊重し、夫の母校とは別の、違う大学の願書を提出し、試験を受けさせました。

それを知った夫は「離婚だ!」と、記入済みの離婚届をちらつかせてきました。

それまでも他愛ない喧嘩をするたびに「離婚」の文字をちらつかせてきた夫。

記入済みの届を出してきたのも、これが初めてではありませんでした。

このままだと息子の人生が夫に決められてしまう、ここで引けば今後も夫は何かあるたびに離婚を持ち出し、自分の言うことを聞かせようとするでしょう。

そんなことは許せない、そして、私もいい加減頭に来ていました。

「妻よ、許してくれ...」 号泣するモラハラ夫。喧嘩のたびに「離婚」をちらつかせる夫に反撃!【漫画】 00003.jpeg

「妻よ、許してくれ...」 号泣するモラハラ夫。喧嘩のたびに「離婚」をちらつかせる夫に反撃!【漫画】 00004.jpeg

漫画:黒木めめ/原案:「毎日が発見ネット」みなさんの体験記

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP