「パートは格下だから」と40代男性社員。「ひねくれた価値観」が職場トラブルに発展し...【漫画】

「あいさつはとても大事ですよね。しかし、中途入社したAさん(48歳男性)は過剰なまでにあいさつにこだわる人でした。そのこだわりを自分だけが守るならまだしも、他人にまで強要したため、ある日トラブルが起きました。見かねた私がある提案をしたところ、Aさんはとんだ面倒を被ることになってしまったのですが...」

親や夫、子ども、友人に職場の同僚、ご近所さん...。アラフィフ女性を中心に、みなさんから寄せられた人間関係の「モヤモヤ」「スカッと」「泣ける」実体験エピソードを、過去の人気記事をもとにして漫画で再構成しました。この時、あなたならどうしますか?

「パートは格下だから」と40代男性社員。「ひねくれた価値観」が職場トラブルに発展し...【漫画】 No280_「俺は社員だから、あいさつはパートからしてくるべき」後輩社員が歪んだ価値観を振りかざした結果_001.jpg

「パートは格下だから」と40代男性社員。「ひねくれた価値観」が職場トラブルに発展し...【漫画】 No280_「俺は社員だから、あいさつはパートからしてくるべき」後輩社員が歪んだ価値観を振りかざした結果_002.jpg

Aさんは鼻息を荒くして「きちんとしたあいさつを見せてやる!」と豪語し、その場を立ち去りました。

Aさんに急に怒鳴られたパートさんですが、状況を見守っていた仲間のパートさんのフォローもあり、その後も勤務を続けてくれています。

大変なことになったのはAさんです。

相手が誰であろうが、自分から先にあいさつをしなくてはいけなくなったからです。

目上の人はもちろん、立場が下の人であろうと取引先であろうと関わらず、必ず自分から先にあいさつをするには限界があります。

たまたま私にあいさつしそびれたところを目撃されると、とても気まずそうにしていました。

その日から2週間ほどたった頃、Aさんは自分が怒鳴りつけたパートさんに謝罪しました。

私にも謝罪し、Aさんは自分の傲慢さを認めることになりました。

それからは関係も少しずつ修復され、今ではみんなが明るくあいあつを交わし合っています。

Aさんも持ち前の元気の良さが再び受け入れられ、好感度を取り戻しました。

そんなAさんを見て、仮に正論であったとしても上から振り下ろすような言い方をしてはいけないな、と学ばせてもらいました。

漫画:にーや/原案:「毎日が発見ネット」みなさんの体験記

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

漫画:にーや
Instagram:@yekouhui

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP