結婚式当日に新郎が逃亡...! 授かり婚なのに? ドラマのような「ドロドロ騒動」の結末は【漫画】

「世にも気まずい結婚式に参加したことはありますか? 私はあるんです。いつまでたっても入場してこない新郎新婦を心配していたのですが、何と新郎が逃亡していたことが発覚。とんでもない空気の中で食べざるを得なかった、あの料理の味は忘れられません。自分の欲望を優先した、新郎の気持ちはまったく理解不能です」

親や夫、子ども、友人に職場の同僚、ご近所さん...。アラフィフ女性を中心に、みなさんから寄せられた人間関係の「モヤモヤ」「スカッと」「泣ける」実体験エピソードを、過去の人気記事をもとにして漫画で再構成しました。この時、あなたならどうしますか?

結婚式当日に新郎が逃亡...! 授かり婚なのに? ドラマのような「ドロドロ騒動」の結末は【漫画】 suum.png

53歳になる兼業主婦です。

これは私の職場関係の女の子、Aちゃん(当時25歳ぐらい)の結婚式に職場の仲間と出席したときの話です。

友人や知人の結婚ラッシュは終わり、親戚まわりもみんな年頃の子は結婚してしまっていたので、久しぶりの結婚式でした。

私はワンピースを新調し、少しばかり気合いを入れて参加していました。

受付で芳名帳に名前を書き、案内された披露宴会場の席につきました。

しかし、式の時間になってもなかなか新郎新婦が入場して来ず、私を含め会場中のみんなが「どうした、どうした?」とざわついていました。

そして、本来の予定から一時間半ぐらいたったころでしょうか。

壇上に上がったのは新郎の両親で、新郎の父親らしき男性がマイクを取り...。

「みなさまにはせっかく足を運んでいただいたところ、大変申し訳ありませんが、本日の披露宴は中止させていただきます。ご祝儀はお返しします。本当に申し訳ありませんが、本日はお食事会とさせていただければ幸いです」

ざわついていた会場は一瞬ピタッと時間が止まった如く、シンと静まり返りました。

「何があったの?」

「これだけ待たせておいて...?」

会場中がさらにざわざわし始めました。

結婚式当日に新郎が逃亡...! 授かり婚なのに? ドラマのような「ドロドロ騒動」の結末は【漫画】 278_003.png

結婚式当日に新郎が逃亡...! 授かり婚なのに? ドラマのような「ドロドロ騒動」の結末は【漫画】 278_004.png

漫画:とんちきくま/原案:「毎日が発見ネット」みなさんの体験記

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP