「震えちゃうんだ...」原因不明の病で倒れた妹の手を握る姉。幼い姉妹の絆に涙が止まらない【漫画】

「兄弟や姉妹って不思議ですよね。親でも簡単には踏み入れられない、絆があるんだなと感じます。たまに手をつないで寝ている娘たちを見るたびにそう思うんですが、手をつないで寝るようになったのには、実は事情があるんです」
親や夫、子ども、友人に職場の同僚、ご近所さん...。アラフィフ女性を中心に、みなさんから寄せられた人間関係の「モヤモヤ」「スカッと」「泣ける」実体験エピソードを、過去の人気記事をもとにして漫画で再構成しました。この時、あなたならどうしますか?

「震えちゃうんだ...」原因不明の病で倒れた妹の手を握る姉。幼い姉妹の絆に涙が止まらない【漫画】 simai.jpg

我が家には、15歳の長女と12歳の次女がいます。

春には中学校と小学校を卒業し、次のステップへ進んでいきます。

そんな年頃の娘たちですが、たまに寝顔を見に行くと、布団を並べて手をつないで寝ていることがあります。

翌朝「仲いいね」と声をかけると、長女が言います。

「たまに手をつないでって〇〇(次女)に頼まれるんだ」

そっか、あれからずいぶん経つけど、まだ、続いているんだなと思い出すことがあります。

それは、次女が小学校に入学したときの事です。

入学式の翌日、パジャマから着替えるときに次女の手が震えていました。

「どうした? 緊張してるのか?」

「うん。たまにこうやって手が震えちゃうんだ」

そう話す次女の顔は浮かない顔です。

もう春なので、そこまで寒くはありませんでした。

ちょっと心配だなと思った矢先。

「パパ。助けて」

次女が倒れこみ、私はとっさに抱き寄せました。

顔を見ると、身体を震わせ白目をむいています。

「おい! 〇〇(次女)! しっかりしろ」

大声で呼びかけても返事をしません。

口元に顔を近づけても息をしていない気がします。

「ママ! 救急車!」

そして、近くの大病院へ。

検査をすると脳のレントゲンに影があり、医者からは原因はよく解らないが脳に負担がかかっているのでそれを和らげる治療をする、と伝えられました。

「震えちゃうんだ...」原因不明の病で倒れた妹の手を握る姉。幼い姉妹の絆に涙が止まらない【漫画】 239kansei_013.png

「震えちゃうんだ...」原因不明の病で倒れた妹の手を握る姉。幼い姉妹の絆に涙が止まらない【漫画】 239kansei_014.png

漫画:とんちきくま/原案:「毎日が発見ネット」みなさんの体験記

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP