突然、腹部に激痛が...それでも仕事優先な夫に、反抗期の息子が「母さんが一番大切やろ!」【漫画】

中学2年生の長男は反抗期真っ盛り。私や夫が話しかけても『うるさいな』と言わんばかりの素っ気ない態度をとります。年頃だから仕方ないな...と思いつつ寂しく感じていましたが、私が具合が悪くなったときに...。あんないいところを見せてくれるなら、普段は生意気でもいいかと思ってしまいました。

みなさんの実体験を漫画にした人気記事を、今回は再構成してお届けします。

突然、腹部に激痛が...それでも仕事優先な夫に、反抗期の息子が「母さんが一番大切やろ!」【漫画】 31kansei_01.png

本当に絵に描いたような思春期真っ盛りです。

そんな中、2020年の秋に私が婦人科系の病気により突然の腹痛に見舞われるという出来事がありました。

夕食後に突然痛みを訴えてのたうち回る私に、当時、会社で重要な仕事を任されていた夫が、こんなことを言ったのです。

突然、腹部に激痛が...それでも仕事優先な夫に、反抗期の息子が「母さんが一番大切やろ!」【漫画】 31kansei_03.png

「母さんに何かあったら、仕事なんかしてる場合じゃなくなるんだぞ。母さんが一番大切やろ!」

そう言った後、息子は私に「診察券は仕事用の鞄の中?」と確認しながら、テキパキとかかりつけの婦人科の診察券を見つけ、救急窓口に行く段取りをつけてくれたのです。

病院に行く車の中でも、ずっと私の背中をさすってくれました。

そして「大丈夫だから、すぐ診てもらって楽になるから」と励まし続けてくれたんです。

突然、腹部に激痛が...それでも仕事優先な夫に、反抗期の息子が「母さんが一番大切やろ!」【漫画】 31kansei_05.png

家の中はきれいに片付けられており、洗濯物も洗って干してありました。

「お片付けしてくれたん?」

夕方になり、先に小学校から帰って来た娘に訊ねると、意外な答えが返ってきました。

突然、腹部に激痛が...それでも仕事優先な夫に、反抗期の息子が「母さんが一番大切やろ!」【漫画】 31kansei_07.png

「家のことしてくれてありがとね。昨日も心配してくれて嬉しかったよ」

しばらくして帰って来た息子に伝えると、いつものごとく「うるせー」としか返ってきませんでしたが、いつもより息子と心が近くなったように感じました。

こんな思いができるなら、たまには病気になるのも悪くはないな...あ、そんなことを考えていたら、今度は私が息子に「はぁ⁉」と言われてしまうかな。

漫画:とんちきくま/原案:「毎日が発見ネット」みなさんの体験記

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP