【夫の浮気】浮気相手が亡くなり、思い悩む50代の夫。大泣きして相談したのは...えっ、「妻」?

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:yumekafu
性別:女性
年齢:64
プロフィール:両親の介護のため、公務員の仕事を途中退職し、現在カウンセリング&ヒーリングの仕事を楽しんでいます。

15.jpg

6歳下の従妹(現在58歳)がいます。

36年前、従妹が22歳のときに同級生のT男さん(当時22歳)と結婚してから、この夫婦に振り回されてばかりです。

「帰りが遅いと問い詰められるし、男の人と話をするだけで責められるし、もう大変!」

最初に従妹が訴えてきたのはT男さんの嫉妬深さ。

それからもときどきT男さんと何かしらあり、されたこと、それにまつわる悩みを聞くたびに「私には我慢できないなあ」と、半分あきれていました。

8年前、そんな従妹夫婦が50歳のときに大事件が起きました。

T男さんの浮気が発覚したのです。

「あの人が浮気しているの。私が少しでも責めると逆切れして、大声で怒鳴るのよ。それで逃げ出してきた」

我が家に駆け込んできた従妹が泣きながら訴えます。

それから、何かあるたびに従妹から相談を受けるようになりました。

私はT男さんの態度に腹が立って、従妹に言いました。

「もう子どもたちも自立しているし、我慢することないよ」

正直、もう離婚してほしかったのですが、従妹は踏み切れないようです。

「あの人あれで優しいし、私はあの人が運命の人だと思っているから」

従妹はT男さんが大好きで、不満はあっても尽くしてきました。

とにかく、T男さんが浮気相手と別れてくれるのを待ち続けた従妹。

その思いは通じて4年後、T男さんと浮気相手は別れました。

従妹もやっと地獄のような日々から解放され、2人の穏やかな生活も戻りつつありました。

ところがその1年後、さらなる事件が起きたのです。

T男さん(当時55歳)の浮気相手が持病をこじらせて亡くなったのです。

T男さんとその女性は以前に別れていたのですが、T男さんは自分を責めて悩んでしまい、そのことで従妹(当時55歳)に助けを求めたそう。

従妹は聞きたくもないその女性のことや2人の関係、T男さんの後悔を何度も聞かされることになってしまいました。

「あの人は自分のせいだと言って、私の前で大泣きするのよ。私は浮気相手のことで悲しむ夫を慰めているのよ。変なことを言おうものなら、『君は僕のことを理解してくれないのか』と逆に責められるの。これっておかしいよね」

「おかしいおかしい! あきれてものが言えない! 全部自分がまいた種でしょう。自分で解決しなさいよ!」

「でも、あの人が落ち込んでいる姿を見ると放っておけなくて」

それを聞いた正直な気持ちは「は?」です。

「あなたはT男さんの妻なのよ! 母親じゃないの。もう早く別れてスッキリしてしまいなさい!」

いよいよ無理だと思って離婚を勧めたこともありましたが、従妹は別れる気は全くないらしく、T男さんを慰め続けていました。

従姉の気持ちが通じたのか、T男さんもさすがに反省して従妹に優しくなり、2人の関係も最近では落ち着きを見せ、従妹が私のところに駆け込んでくることもなくなりました。

そのまま穏やかに過ごしてほしいのですが、従妹のことだからそうはいかなそうです。

そんな2人にモヤモヤしながら、でも従妹がT男さんと幸せであるように願っている私です。

夫婦の関係って本当にいろいろですね。

人気記事:「この子は息子の子や!」突然上がりこんできた姑が息子を抱いて逃走!《かづ》
人気記事:《漫画》朝8時に義母が玄関をピンポーン! 新生児育児中の我が家にやって来た親戚御一行<前編>
人気記事:《漫画》45歳、子育てが一段落した途端、70代の義母が倒れた! その時の夫の反応に唖然...<前編>

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

いつも毎日が発見ネットをご利用いただきありがとうございます。
この度、コメント機能の提供ですが、2022年7月6日をもちまして終了することとなりました。なお、過去に投稿していただいたコメントも見られない状態になります。
ご利用の読者の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。長らくのご利用ありがとうございました。
引き続き毎日が発見ネットをどうぞよろしくお願いいたします。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP